FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

11月第2週の重賞回顧
今週も土日に二つずつ平地重賞が組まれていた中央競馬。レース内容としては非常にバラエティに富んだものだったと見ていますが、そこから何を見出し、先へ繋げていけるのでしょうか。

※第24回武蔵野S

1着・ワンダーリーデル(父スタチューオブリバティ)

2着・タイムフライヤー(父ハーツクライ)

3着・ダノンフェイス(父キングカメハメハ)

ラップタイム・12.1 - 11.0 - 11.6 - 11.8 - 12.1 - 12.1 - 11.6 - 12.3

良馬場の東京ダート1600m戦としてはレース史上2番目に速い決着を見た今年の武蔵野S。勝ったワンダーリーデルは重賞3戦目で初めての重賞制覇を果たすことになりましたが、左回りで芝スタートのダート戦においては今回の勝利を受けて(3-1-0-3)とし、一昨年の夏至S以外のレースでは全て人気以上の結果を出すことになりました。1600mを超えるレース経験がなく、チャンピオンズCで高い評価を与えるのは少々難しい気もしますが、来年のフェブラリーSにおいては勝利も意識した評価をしても悪くはないかと思われます。

※第54回デイリー杯2歳S

1着・レッドベルジュール(父ディープインパクト)

2着・ウイングレイテスト(父スクリーンヒーロー)

3着・ペールエール(父ダイワメジャー)

ラップタイム・12.5 - 11.0 - 11.8 - 12.5 - 11.9 - 11.4 - 11.4 - 12.0

上位2頭が前走から二桁体重増で挑んでいたデイリー杯2歳S。今年の勝ちタイムである1分34秒5は、現行の11月の京都芝1600m戦となった2014年以降では最速の決着となりましたが、勝ったレッドベルジュールは、今年の菊花賞を制したワールドプレミアを彷彿とさせるような4コーナーにおけるインの立ち回りの上手さを見せた上でそのままストレートに決め手を発揮してみせました。ディープインパクト産駒によるデイリー杯2歳S制覇は今回が初めてになりますが、今回レッドベルジュールとコンビを組んだ武豊騎手は今回の勝利でデイリー杯2歳S制覇を6回果たすことになりました。過去の5回の優勝馬で、G1制覇に至ったのは1996年のシーキングザパール1頭だけと少々寂しい陣容のように思われますが、いずれも一度はG1で3着以内入線実績を作っており、レッドベルジュールにも同様の期待をかけたいところです。

※第55回福島記念

1着・クレッシェンドラヴ(父ステイゴールド)

2着・ステイフーリッシュ(父ステイゴールド)

3着・ミッキースワロー(父トーセンホマレボシ)

ラップタイム・12.3 - 11.3 - 11.5 - 12.1 - 12.0 - 12.3 - 12.1 - 12.1 - 11.7 - 12.1

2017年のクラシック世代を担ったステイゴールド産駒による3連覇が達成された福島記念。今回の優勝馬であるクレッシェンドラヴは昨年のスティッフェリオを同様に福島記念の勝利が重賞初制覇という形になりましたが、5歳馬による福島記念制覇となると、2012年のダイワファルコン以来7年ぶりのこととなります。ダイワファルコンは翌2013年の福島記念も制したものの、G1に関してはほとんど縁がないまま現役を終えることとなりましたが、昨年のスティッフェリオと同様にG1出走経験を有していない状態で福島記念制覇を果たしたクレッシェンドラヴが今後どんな出世をしていくのか、注目してみたいと思います。

※第44回エリザベス女王杯

1着・ラッキーライラック(父オルフェーヴル)

2着・クロコスミア(父ステイゴールド)

3着・ラヴズオンリーユー(父ディープインパクト)

ラップタイム・12.7 - 11.6 - 13.3 - 12.7 - 12.5 - 12.8 - 12.3 - 11.6 - 11.5 - 11.4 - 11.7

3年連続で”1着・外国人騎手騎乗馬、2着・クロコスミア”となったエリザベス女王杯。クロコスミアの3年連続2着は全て違う騎手で達成しており、そこもまた偉業ではあるのですが、今回のレースを制したラッキーライラックは一昨年の阪神ジュベナイルフィリーズを無敗で制した馬で、その時以来となるG1制覇を果たすことになりました。2歳G1勝ち馬によるエリザベス女王杯制覇は1999年のメジロドーベルが連覇を達成して以来の20年ぶりの出来事で、古馬に開放された1996年以降では3度目の記録となりました。一方で、ここ3年は3歳牝馬G1において勝てはしないまでも2着に来たことがある馬が外国人騎手を乗せて結果を出しており、今回もその流れに沿う形で勝ち馬が輩出されたところは、来年以降のレースを見る上では重要なポイントになるかもしれません。
スポンサーサイト





テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 17:41:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する