FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

11月第3週の重賞回顧
11月の開催も後半を迎えた中央競馬。福島競馬場の開催は今週が最後で、東京と京都も来週が2019年最後の開催となりますが、芝のコンディションは競馬場ごとにまちまちといった中で、どういった実績を持った馬を高く評価するべきなのでしょうか。

※第24回東京スポーツ杯2歳S

1着・コントレイル(父ディープインパクト)

2着・アルジャンナ(父ディープインパクト)

3着・ラインベック(父ディープインパクト)

ラップタイム・12.9 - 11.0 - 11.4 - 11.8 - 11.7 - 11.8 - 11.7 - 10.8 - 11.4

東京芝1800mの2歳レコードを1秒4、芝1800mの2歳日本レコードを1秒1更新した今年の東京スポーツ杯2歳S。芝1800mの日本レコードとの差で見ても0秒6差という超高速決着となった一戦はディープインパクト産駒によるワンツースリーが実現しましたが、その頂点に立ったのは、9月の阪神芝1800m戦でデビュー勝ちを収めてきたコントレイルでした。コントレイルを管理しているのは、コックスプレートを制したリスグラシューを管理している矢作芳人厩舎で、阪神芝1800m戦のデビュー勝ちから東京スポーツ杯2歳S制覇の流れは、矢作芳人厩舎の先輩にしてディープインパクト産駒最初の日本ダービー馬であるディープブリランテと全く同じです。その上で、クラシック前に行われた東京芝重賞を勝ち上がってきた矢作芳人厩舎所属馬は過去に4頭いますが、いずれも国内外のG1を最低1勝はしており、3歳G1においても最低1回は連対しているので、コントレイルを来年のクラシックの有力候補として注目してみたいところです。

※第36回マイルCS

1着・インディチャンプ(父ステイゴールド)

2着・ダノンプレミアム(父ディープインパクト)

3着・ペルシアンナイト(父ハービンジャー)

ラップタイム・12.5 - 11.2 - 11.6 - 11.9 - 11.6 - 11.5 - 11.0 - 11.7

2015年のモーリス以来4年ぶりとなる”同一馬による春秋マイルG1制覇”が果たされることになったマイルCS。勝ったインディチャンプは安田記念でコンビを組んだ福永祐一騎手が騎乗停止中だったことから、今回は池添謙一騎手とコンビを組んで結果を残すこととなりましたが、同一馬による春秋マイルG1制覇は過去に6頭いる中で、春秋異なる騎手で制覇した例は直近のモーリスだけで、現役最強馬と目されるアーモンドアイ相手に安田記念制覇を果たした実力は伊達ではないところを見せつける格好となりました。モーリスは後に香港でG1を3勝し、国内においても天皇賞【秋】制覇を果たす大躍進を遂げましたが、父が海外で重賞を2勝したステイゴールドであるインディチャンプにも、モーリスに匹敵するほどの活躍を期待したいところです。
スポンサーサイト





テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 16:36:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する