FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2019年・九の予想 「第39回ジャパンC」(◎ワグネリアン)
16年ぶりに良馬場以外の馬場で開催されそうな今年のジャパンCはディープインパクトメモリアルとして開催される一戦です。ディープインパクト産駒によるジャパンC制覇はレース史上初の連覇を果たしたジェンティルドンナと2014年の秋華賞優勝馬ショウナンパンドラの2頭が果たしており、ディープインパクト産駒の牡馬によるジャパンC制覇は果たされていませんが、2012年、2016年に次いで三度目となる”ディープインパクト産駒による、オークス、日本ダービーの同一年制覇”となった今年はどんな結末が待ち受けているでしょうか。

(展望記事・第39回ジャパンCの”三本柱”

(参考まとめ記事・レース参考まとめ「第39回ジャパンC」

【データルール1・展望記事で該当していたデータの項目番号を、印の横の「」内に記載】

【データルール2・[レ]のデータにおいて出走馬中3頭以下が該当するものであれば、そのデータに”下線”を、1頭のみのものは”【】”を加える】

1枠1番・カレンブーケドール(…)「1・3」

3年連続3着以内入線馬輩出中の”年内1勝以上、かつ着外1回の馬”[レ]、12年連続3着以内入線馬輩出中の”東京芝2000m以下のレースで勝利経験を持つ馬”[レ]、7年連続3着以内入線馬輩出中の”10月の京都芝重賞で連対実績がある馬”[レ]

昨年の優勝馬アーモンドアイと同じ”国枝栄厩舎所属の3歳牝馬に1枠1番”という形になりましたが、アーモンドアイと比べるとあらゆる面で見劣りしますし、2000m以上のレースで未勝利の馬による3着以内入線は、東京競馬場がリニューアルされた2003年以降では誰もいないことから、厳しい戦いになると予想しました。

2枠2番・ワグネリアン(◎)「2・3」

22年連続3着以内入線馬輩出中の”八大競走優勝馬”[レ]、12年連続3着以内入線馬輩出中の”東京芝2000m以下のレースで勝利経験を持つ馬”[レ]

アーモンドアイの活躍で存在感が薄くなってしまった2018年の日本ダービー馬ですが、2018年の日本ダービーはアーモンドアイが勝利したオークスよりも速い時計で走破しており、古馬になってからの実績を考慮しなければかなり優秀な日本ダービー馬と言えます。その上で、過去に4回ある”ジャパンCと有馬記念を3歳馬が制した翌年のジャパンC”を見ていくと、東京競馬場で行われた3回に関しては”東京芝2400mのG1勝ちがある、前走天皇賞【秋】出走馬”が勝利を収めており、それに合致するこの馬は優勝候補筆頭格と言えます。

2枠3番・ウインテンダネス(…)「なし」

9年連続3着以内入線馬輩出中の”芝2000m戦を複数の競馬場で勝ったことがある馬”[レ]

目黒記念をハンデ戦の利を生かして勝利を収めた後に頭打ちになっているといったところで、苦戦必至と見ました。

3枠4番・ムイトオブリガード(○)「2」

12年連続3着以内入線馬輩出中の”年内の東京芝重賞勝ち馬”[レ]

昨年の優勝馬アーモンドアイと同じ”ルメール騎手騎乗の祖父キングカメハメハ、母父サンデーサイレンスの血統馬”。もっとも、祖父キングカメハメハの黄金配合からは少しずれた馬なので、アーモンドアイと比べると爆発力が少し劣るようにも思えますが、祖母のシンコウラブリイは重馬場のマイルCSを制していることから、道悪適性に関しては何ら問題はなく、アルゼンチン共和国杯の勝ち方も優れていたので、ここで勝利を収めるという可能性も十分にあると見ています。

3枠5番・スワーヴリチャード(△)「2」

9年連続3着以内入線馬輩出中の”G2→G1の重賞連勝馬”[レ]】、12年連続3着以内入線馬輩出中の”東京芝2000m以下のレースで勝利経験を持つ馬”[レ]、9年連続3着以内入線馬輩出中の”芝2000m戦を複数の競馬場で勝ったことがある馬”[レ]、4年連続3着以内入線馬輩出中の”当年の宝塚記念で3着以下に負けた馬”[レ]

昨年の上位2頭が不在のために注目される昨年の3着馬。天皇賞【秋】以外の東京芝のレースで4着以下に負けたことがない実績は高く評価したいところで、狙ってみたい1頭です。

4枠6番・ユーキャンスマイル(▲)「1・3」

12年連続3着以内入線馬輩出中の”年内の東京芝重賞勝ち馬”[レ]、10年連続3着以内入線馬輩出中の”前年、または当年に芝3000m以上の重賞で3着以内に入った経験を持つ馬”[レ]

データ的には優勝候補筆頭と言っても過言ではない存在で、上位争いをする可能性が極めて高い1頭と判断していますが、この馬と同じ”母父ダンスインザダークのキングカメハメハ産駒”だったラブリーデイがG1・2勝という実績を引っ提げていながら3着に敗れたことを考えると、少し手控えたいところでもあります。

4枠7番・ダイワキャグニー(…)「なし」

12年連続3着以内入線馬輩出中の”東京芝2000m以下のレースで勝利経験を持つ馬”[レ]

今までの勝ち鞍が全て東京という変わり種の競走馬ですが、重賞に関してはほとんど縁がないままとなっており、ここでいきなり好走を望むのは酷と見ました。

5枠8番・レイデオロ(キルトクール)「2」

22年連続3着以内入線馬輩出中の”八大競走優勝馬”[レ]、12年連続3着以内入線馬輩出中の”東京芝2000m以下のレースで勝利経験を持つ馬”[レ]、9年連続3着以内入線馬輩出中の”芝2000m戦を複数の競馬場で勝ったことがある馬”[レ]、4年連続3着以内入線馬輩出中の”当年の宝塚記念で3着以下に負けた馬”[レ]

ワグネリアンを評価する時に用いた”ジャパンCと有馬記念を3歳馬が制した翌年のジャパンC”の話ですが、その時の優勝馬4頭はいずれもG1を2勝以上していた馬で、今回の出走馬ではこの馬のみ該当しています。また、”ディープインパクト産駒による、オークス、日本ダービーの同一年制覇”が果たされた2012年と2016年は、どちらも”八大競走2勝馬”が勝利を収めており、この点においても2017年の日本ダービーと昨年の天皇賞【秋】を制したこの馬が今年のジャパンC制覇するという話に繋がっていきそうです。しかし、前走オールカマーからの参戦でジャパンCの3着以内入線を果たした例は、過去38回の歴史において一度たりともなく、今年は悪い流れに呑まれているところがあるので、キルトクールに指名するのが妥当と判断しました。

5枠9番・ルックトゥワイス(…)「なし」

12年連続3着以内入線馬輩出中の”年内の東京芝重賞勝ち馬”[レ]、9年連続3着以内入線馬輩出中の”芝2000m戦を複数の競馬場で勝ったことがある馬”[レ]

世界的名手であるランフランコ・デットーリ騎手が初めて日本馬とのコンビでジャパンCに参戦することになりましたが、馬自体の実績はここで好走する器にないと見て無印です。

6枠10番・ダンビュライト(…)「なし」

4年連続3着以内入線馬輩出中の”当年の京都芝重賞勝ち馬”[レ]】

血統的に道悪で浮上の感がある1頭ですが、格が備わっていないので無印です。

6枠11番・シュヴァルグラン(△)「1・2」

10年連続3着以内入線馬輩出中の”前年、または当年に芝3000m以上の重賞で3着以内に入った経験を持つ馬”[レ]

一昨年の優勝馬で、ジャパンC参戦は今年で4年連続となりました。今年初戦のドバイシーマクラシックではスワーヴリチャードとレイデオロに先着しており、惨敗を喫した英国2戦を意に介さなければ、今回のレースで上位争いを演じる可能性は少なからずあると見ています。

7枠12番・タイセイトレイル(△)「なし」

13年連続3着以内入線馬輩出中の”年内に連勝実績がある馬”[レ]】

対抗評価に据えたムイトオブリガードと同じ”祖母シンコウラブリイ”の競走馬。血統的にはこちらの方が重厚で、速さ負けしそうな雰囲気もありますが、ここで取り上げた高い加点評価を与えられる好走データにただ1頭当てはまるというところに着目して、高い評価を与えようと考えました。

7枠13番・エタリオウ(…)「なし」

10年連続3着以内入線馬輩出中の”前年、または当年に芝3000m以上の重賞で3着以内に入った経験を持つ馬”[レ]、4年連続3着以内入線馬輩出中の”当年の宝塚記念で3着以下に負けた馬”[レ]

昨年の日本ダービーにおいては上位5頭の中でただ1頭上がり3ハロン33秒台だった馬。その後のキャリアも鑑みるに、道悪になるのはあまり歓迎できるタイプとは言えず、ここは厳しいレースになると予想しました。

8枠14番・マカヒキ(…)「1・2」

22年連続3着以内入線馬輩出中の”八大競走優勝馬”[レ]、9年連続3着以内入線馬輩出中の”芝2000m戦を複数の競馬場で勝ったことがある馬”[レ]、4年連続3着以内入線馬輩出中の”当年の宝塚記念で3着以下に負けた馬”[レ]

一昨年のレースで4着に入ってきましたが、その時は勝ち馬と1秒近くの差をつけられており、そこからの成長も見られないので、無印です。

8枠15番・ジナンボー(…)「3」

3年連続3着以内入線馬輩出中の”年内1勝以上、かつ着外1回の馬”[レ]、12年連続3着以内入線馬輩出中の”東京芝2000m以下のレースで勝利経験を持つ馬”[レ]

ワグネリアンと同じ”母父キングカメハメハのディープインパクト産駒”で、こちらは両親共に3歳三冠戦を制した馬となっています。血統的な評価では最上位にあると見ても構わないところですが、実績面ではだいぶ足りない感じで、低評価です。



単勝

ワグネリアン

ムイトオブリガード

馬連

ワグネリアン-ユーキャンスマイル

ワイド(ながし)

(軸)ワグネリアン

(相手)ムイトオブリガード、ユーキャンスマイル

三連複(フォーメーション)

(1頭目)ワグネリアン

(2頭目)ムイトオブリガード、ユーキャンスマイル

(3頭目)ムイトオブリガード、スワーヴリチャード、シュヴァルグラン、タイセイトレイル

三連単

ムイトオブリガード→ワグネリアン→スワーヴリチャード

☆勝負のワンツースリー

ワグネリアン→ユーキャンスマイル→スワーヴリチャード
スポンサーサイト





テーマ:中央競馬(JRA)予想 - ジャンル:ギャンブル

2019年のレース予想 | 18:25:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する