FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

11月第4週の京都重賞回顧
ジャパンCウィークが終わり、2019年の開催も残り10日を切った中央競馬。先週の開催をもって、2019年の東京、京都の開催は終わりを告げましたが、ジャパンCウィークにおける京都の重賞ではどのような馬が勝ち上がり、出世の道を歩んでいくのでしょうか。

※第6回京都2歳S

1着・マイラプソディ(父ハーツクライ)

2着・ミヤマザクラ(父ディープインパクト)

3着・ロールオブサンダー(父エピファネイア)

ラップタイム・12.5 - 11.4 - 12.1 - 12.2 - 12.2 - 12.6 - 12.1 - 12.0 - 11.8 - 12.6

9頭立てのレースになる中で、1着から9着までのそれぞれの着差が2馬身以上ついた京都2歳S。今年の勝ち馬であるマイラプソディは今年のジャパンC優勝馬スワーヴリチャードと同じハーツクライ産駒であり、”初勝利が芝2000m戦、2勝目が芝1800mのオープンクラス”というキャリアを持つ馬となっています。また、昨年の日本ダービー馬ワグネリアンと同様に”デビュー勝ちが中京芝2000m戦、2勝目が野路菊S、3勝目がG3の2歳重賞”というキャリアを積み、所属厩舎も友道康夫厩舎ということで、2020年の日本ダービー馬に最も相応しい存在であるように思われますが、現状では先行力に欠けるのがネックといったところで、そこに磨きがかかるようであれば、クラシック三冠制覇も視野に入れたいところであります。

※第64回京阪杯

1着・ライトオンキュー(父Shamardal)

2着・アイラブテーラー(父トーセンラー)

3着・カラクレナイ(父ローエングリン)

ラップタイム・12.1 - 11.0 - 11.1 - 11.3 - 11.4 - 11.9

ジャパンCデーの最終レースとして馴染みが深くなってきた、京都芝1200mのG3・京阪杯。4コーナー手前でファンタジストが急性心不全を発症して競走中止となるアクシデントが発生する中、道中中団のインをついてきたライトオンキューが鋭い決め手を駆使して、2着のアイラブテーラーに1馬身4分の3の差をつけて勝利を収めました。今年のサマースプリントシリーズの王者でスプリンターズSも制したタワーオブロンドンと同じダーレー・ジャパン・ファームの生産馬で、「日本の短距離界にダーレーあり」というところを見せつける形になりましたが、管理している昆貢厩舎は10年前にローレルゲレイロで春秋スプリントG1制覇を成し遂げており、次走次第でその期待をかけてみたくなるところです。
スポンサーサイト





テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 17:59:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する