FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

11月30日の重賞回顧
今週から舞台が中山、阪神、中京へと変わった中央競馬ですが、今日の開催が2019年11月最後の開催となっていました。そうした中で、中山と阪神で重賞が一つずつ組まれていましたが、年末開催最初の重賞2戦はどういったレースになったでしょうか。

※第53回ステイヤーズS

1着・モンドインテロ(父ディープインパクト)

2着・アルバート(父アドマイヤドン)

3着・エイシンクリック(父ルーラーシップ)

ラップタイム・13.5 - 11.7 - 12.9 - 12.4 - 12.3 - 13.0 - 13.4 - 13.9 - 13.7 - 12.3 - 12.6 - 12.2 - 12.0 - 12.1 - 11.7 - 11.5 - 12.0 - 12.9

一昨年まで3連覇を果たしていたアルバートと昨年の優勝馬リッジマンが顔合わせをした今年のステイヤーズS。展開が目まぐるしく変化する中、終始前に1頭置く形で先行ポジションをキープしようとしていたオジュウチョウサンが2周目の向正面からスパートをかけ、総力戦の様相を呈していましたが、そのオジュウチョウサンと付かず離れずの競馬をしていたモンドインテロが最後は外から差し切って勝利を収めました。ディープインパクト産駒による芝3000m以上の重賞制覇は残すところダイヤモンドSのみとなり、長距離種牡馬としての存在感を示す一戦になったと言えますが、ダイヤモンドSはここ4年連続して”近2走の合計距離が6000m以上の馬”が勝利を収めており、ステイヤーズSの前に2600m戦を使っているモンドインテロがダイヤモンドSに直行するようであれば、ディープインパクト産駒による芝3000m以上の国内重賞完全制覇も夢ではなくなりそうです。

一方で、ステイヤーズSにおいて単勝1番人気以外の馬が勝利したのは、現行のG2になった1997年以降では11頭目となりますが、ステイヤーズSにおいて単勝1番人気以外の人気を背負って勝利を収めた過去の10頭のうち、さらに芝3000m以上の重賞制覇を積み重ねた例は2000年に7番人気で勝利したホットシークレットが2002年のステイヤーズSを勝利した時の1回だけで、それ以外の距離の重賞を含めても、2003年の優勝馬チャクラが加わるだけなので、モンドインテロによるさらなる重賞制覇は難しいという見方もできます。

※第70回チャレンジC

1着・ロードマイウェイ(父ジャスタウェイ)

2着・トリオンフ(父タートルボウル)

3着・ブレステイキング(父ディープインパクト)

ラップタイム・12.5 - 11.3 - 13.0 - 12.6 - 11.8 - 11.9 - 11.6 - 11.1 - 11.3 - 12.0

年末開催のオープニングを飾る阪神芝2000m重賞としては3年目を迎えたチャレンジC。今年もJRA所属の外国人騎手騎乗馬が勝利を収めることになりましたが、勝ったロードマイウェイは先日のアルゼンチン共和国杯を制したムイトオブリガードと同じ”シンコウラブリイ牝系”の馬で、ジャスタウェイ産駒初の重賞制覇に貢献することとなりました。1勝馬クラスから5連勝で重賞初制覇という、近年の一流馬とは趣の異なる重賞勝ち馬といったところで、先々がどうなるか気になるところです。
スポンサーサイト





テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 18:51:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する