FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

【9着VS8着】 第64回有馬記念回顧
G1馬11頭の競演で大いに盛り上がった今年の有馬記念。ファン投票1位にして単勝1番人気に支持された”レース前の主役”アーモンドアイは最後の直線で馬群に沈みましたが、その光景を尻目に2着馬に5馬身差をつけて圧勝したのは、今年の宝塚記念において2着馬に3馬身差をつけて勝利し、豪州の代表的なG1・コックスプレートを日本調教馬で初めて制したリスグラシューでした。

1着・リスグラシュー(父ハーツクライ)

2着・サートゥルナーリア(父ロードカナロア)

3着・ワールドプレミア(父ディープインパクト)

(予想記事・2019年・十の予想 「第64回有馬記念」(◎アーモンドアイ)

※世界よ、これが有馬記念だ!

ラップタイム・6.9 - 11.1 - 11.4 - 11.4 - 11.5 - 12.2 - 12.3 - 12.1 - 11.7 - 12.3 - 13.4 - 12.2 - 12.0

冒頭でも触れたように、今年はG1馬の参戦が11頭あった有馬記念でしたが、先陣を切ったのは一昨年のNHKマイルCを制し、その後もマイル路線を中心に強力な先行馬として名を馳せてきたアエロリットでした。前半1000mの通過は58秒5と前走の天皇賞【秋】よりも速いペースを8枠15番のスタートから演出され、後続馬群を引き離して縦長の展開に持ち込まれましたが、勝ったリスグラシューは最終コーナーを迎えるまでは中団のインをキープし続けて、静かに脚をためていました。

そして、迎えた最後の直線。1番人気に支持されたアーモンドアイは道中中団の外をスムーズに進み続けて一瞬は先頭に立つシーンも見られそうでしたが、終始マークし続けてきたフィエールマンやサートゥルナーリアの脚力に負けて失速。その外を通ってきたリスグラシューは最終コーナーで瞬時に内ラチ沿いから外へと進路をとり、そこから一気の差し脚で後続を突き放していきました。リスグラシューがマークした上がり3ハロン34秒7は出走馬の中でただ1頭の上がり3ハロン34秒台で、最終コーナーで10番手以内にいた馬で見ていくと、次位が2着に入ったサートゥルナーリアの35秒4なので、いかに次元の違う強さを見せたかということがうかがえますが、今回の上位3頭は形は違えど、道中は落ち着きを持ってレースを展開しており、近年の東京競馬場で見られるような単純な速さ決着だけではない総合力が問われる一戦になったと言えます。

そして、それは京都競馬場で行われる菊花賞や天皇賞【春】と同様に向正面のスタートから最初の正面スタンド前の通過を経てさらに1周を走るという中山芝2500mのレイアウト故に演出されるもので、これこそが有馬記念がグランプリであるという源泉を見た思いがしました。

◎・アーモンドアイ(9着)

香港カップの回避から有馬記念出走へと転換していったアーモンドアイ。スタートは五分に出て、道中は中団の外を通ってきましたが、幾分か力みの入った走りになっており、最後の直線でガタが来てしまいました。生涯初の掲示板外の敗戦となりましたが、本命に推した理由として取り上げた”年間の3着以内率が100%で、なおかつ東京芝重賞の勝ち鞍がある八大競走優勝馬”は全て牡馬であった上に、その年に右回りのレースで勝利経験があった馬が結果を残しており、昨年の秋華賞以来1年2か月ぶりの右回りのレースでは無理があったと考えるのが妥当であるように感じています。

キルトクール・ヴェロックス(8着)

道中はアーモンドアイとほぼ同じ位置でレースをしていたヴェロックスでしたが、今回出走していた3歳馬の中では最も悪い着順になってしまいました。その上で、今回出走していた3歳馬について触れていくと、2着のサートゥルナーリアはアーモンドアイの背後を取ってアーモンドアイの走りをなぞるようにしながら最後の直線でアーモンドアイを叩きのめす走りを披露したのに対し、3着のワールドプレミアは2走前に3着に敗れた神戸新聞杯と同様に道中は死んだふりをして、最後の直線までじっと脚をため続けて直線で弾けさせるという明確な意思を感じましたが、ヴェロックスはいかにも中途半端なレースになってしまったというところであり、今回出走した3歳馬の中では成長力に疑問が残るような内容になってしまったようにも感じます。
スポンサーサイト





テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース) | 16:53:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する