FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

いざクラシックへ!注目の一頭 2019年2歳戦【12月】
大晦日が明日と迫った2019年ですが、東京五輪イヤーとなる2020年のクラシック候補は多士済々といったところで、2歳重賞を勝っている面々がそのまま春のクラシックでも席巻するようだと、とんでもないことになりそうな気配を感じていたりします。一方で、11月の2歳戦でピックアップしたロードカナロア産駒のグランデマーレはレース後に故障が判明し、クラシックを棒に振ることになってしまいましたが、今月も愚直にロードカナロア産駒のクラシック候補を取り上げていきたいと思います。

※12月28日阪神芝2000m・メイクデビューより、サトノシャローム

ホープフルSが行われた12月28日は、東西で芝2000mのメイクデビューが行われていましたが、西の芝2000mのメイクデビューを制したサトノシャロームはセレクトセールで1億9000万円以上もしたロードカナロア産駒で、ロードカナロア産駒としてはサトノウィザードに次いで2頭目の芝2000mのメイクデビュー勝ちを果たしました。その上で、サトノシャロームはラストタイクーンとStorm Birdというノーザンダンサー系種牡馬のクロスを持っており、これが今後どういった役割を果たすのかも含めて注目していきたいと存在と考えました。
スポンサーサイト





テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

Road_to_Derby | 20:45:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する