FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2020年のダービー馬がもう見えた
2019年もいよいよ大晦日を迎えることとなりましたが、年末最後の記事は2年ぶりに来年の日本ダービー馬予想となります。昨年はホープフルS終了時点でサートゥルナーリアを翌年の日本ダービー馬と指名したものの、日本ダービーでは初の2か月未満のレース間隔に戸惑ったのか4着に敗れてしまい、その後もG1制覇に至らぬまま2019年を終えることとなりました。今回はその反省を生かして、”2か月未満のレース間隔の経験のある馬”の中から来年の日本ダービー馬候補をピックアップすることにしました。



サトノフラッグ



今年のレースも含めて、ここ4年は”2戦目までに芝2000m戦を勝ち上がってきた馬”が勝利している日本ダービー。そういった中で、サトノフラッグは2戦目の東京芝2000mの未勝利戦で2歳のコースレコードを樹立し、スター候補の1頭に名乗りを上げました。2戦目で芝2000mの未勝利戦を勝った流れは今年のジャパンC優勝馬であるスワーヴリチャードと同じである上、そのスワーヴリチャードとコンビを組んでいたオイシン・マーフィー騎手がサトノフラッグの2戦目の勝利に貢献していたことも好材料です。何より、ディープインパクト産駒の成功例を多く導き出したLyphardのクロス持ちであるという点も注目したいところで、皐月賞までにオープンクラス入りを果たしていれば、2020年の日本ダービー馬になれると確信しています。

それでは皆様、良いお年を!
スポンサーサイト





テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

Road_to_Derby | 21:22:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する