FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2020年のレース予想・1 「第60回京成杯」(◎ゼノヴァース)
昨年末に実験予想をなくすと表明した当ブログですが、今年からは”八大競走とジャパンC”は昨年と同様の形で予想を展開しつつ、それ以外のレースについては”近年の好走馬に見られる傾向”と”近5年の3着以内入線馬の中で最も出世を果たした馬”について触れながら予想を行っていこうと思います。そんな中で、2020年最初の本予想に選んだレースが、昨年の実験予想レースで最初に選んだ京成杯ですが、昨年はデビューして間もないラストドラフトが勝利し、いきなりデータの引き出しに苦労したレースになりました。

※第60回京成杯の”二大要素”と”その後の出世馬”

1・3年連続優勝馬輩出中の”秋の東京芝で優勝経験がある、3着以内率100%の馬”

(3-2-0)

【該当馬】スカイグルーヴ、ビターエンダー

2・7年連続連対馬輩出中の”過去に芝2000m戦の勝利がある、前走芝2000m戦の馬”

(4-4-4)

【該当馬】キムケンドリーム、キングオブドラゴン、スカイグルーヴ、ゼノヴァース、ビターエンダー、ヒュッゲ、リメンバーメモリー、ロールオブサンダー

◇・近5年の3着以内入線馬で、その後の活躍が顕著だった馬

クルーガー(2015年3着馬)…2016年マイラーズC・1着



さて、今年の予想記事においては前述の通り”八大競走とジャパンC”は昨年までと同じ形で予想を行いますが、それ以外のレースの予想については、「”二大要素”と”その後の出世馬”」と称しまして、近3年以上連続して優勝馬を輩出しているデータと近5年以上連続して連対馬、あるいは3着以内入線馬を輩出しているデータを”レースの二大要素”と捉え、その上で、”近5年の3着以内入線馬で、その後の活躍が顕著だった馬”について触れていくことにしました。その上で、今回のレースでは2番目の連対馬のデータが昨年の実験予想でも使用したデータで、優勝馬を輩出している1のデータは今回のために引き出したものですが、1のデータに該当しているスカイグルーヴとビターエンダーは芝2000m戦以外の経験がなく、そこに疑問を感じていたりします。

そして、”近5年の3着以内入線馬で、その後の活躍が顕著だった馬”として指名したクルーガーは前述の通り古馬になってからマイル重賞勝ちを果たしており、2着、3着に負けても違う路線で活躍する見込みのあるレースであるということが言えるのではないかと考えています。



◎・ゼノヴァース「※2」

キルトクール・ビターエンダー「※1、※2」



そういった中で、今回本命に推すことにしたゼノヴァースは、前走初めて芝2000m戦を使って勝利を収めてきた馬ですが、実は”芝2000m戦の実績が未出走、または1勝以上かつ連対率100%の馬”がここ7年連続して優勝馬となっており、2のデータに該当している馬の中で当てはまったのがキングオブドラゴン、スカイグルーヴ、ゼノヴァースの3頭となっていました。この中からゼノヴァースを本命とした決め手となったのが、前述の”前走初めて芝2000m戦を使って勝利を収めてきた”という点で、データの起点となったフェイムゲームと同じような実績を持っていることから、勝利も意識する形での本命とします。

そして、キルトクールに指名したビターエンダーですが、芝2000m戦以外の経験しかない上に、デビュー戦で3着に負けたというのが大きなマイナスポイントで、デビューして間もないスカイグルーヴよりも掴みどころがある馬と判断しての予想を行うことにしました。



単勝・複勝

ゼノヴァース
スポンサーサイト





テーマ:中央競馬(JRA)予想 - ジャンル:ギャンブル

2020年のレース予想 | 21:00:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する