FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

いざクラシックへ!注目の一頭 2020年3歳戦【1月】
明日から2月が始まり、プロ野球に関してはキャンプの季節となりますが、競馬に関しても2月最後の日曜日に中央競馬最初のG1であるフェブラリーSの開催があります。そうした中で3歳戦に目を向けてみると、今年は昨年よりもぼんやりとしたイメージしか湧いてきていないのですが、1月の3歳戦の勝ち馬から面白い存在は現れるのでしょうか。

※1月26日小倉芝2000m・未勝利戦より、スペースシップ

今年の1月の第三場は、11月から始まる京都競馬場の改修工事の影響で小倉競馬場で行うことになりましたが、その小倉競馬場の重馬場というコンディションの中で勝ち上がってきた関東馬が、今回ピックアップすることにしたスペースシップです。今年のクラシックに挑む産駒が初年度産駒となるゴールドシップを父に持つ中、スペースシップは勝ち上がるまでに4戦消化することになりましたが、母方の血統を辿ると、1994年の阪神牝馬特別(当時芝2000m戦、現・阪神牝馬S)の勝ち馬であるメモリジャスパーや昨年のコーフィールドCを制した日本調教馬メールドグラースと同じ牝系ということで、先々に楽しみがある馬だと言えそうです。
スポンサーサイト





テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

Road_to_Derby | 18:43:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する