FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2020年のレース予想・2 「第60回きさらぎ賞」(◎アルジャンナ)
前回の京成杯に次いで3歳重賞の予想を届けることにしましたが、今回予想するきさらぎ賞は8年連続で10頭立て以下のレースになっています。今年は昨年に続いて8頭立てのレースになりましたが、そんな少頭数のレースにおいていかに絞った狙い方ができるか、試していこうと思います。

※第60回きさらぎ賞の”二大要素”と”その後の出世馬”

1・4年連続優勝馬輩出中の”右回りの芝1800m以上のレースを勝ったことがある馬”

(4-4-1)

【該当馬】アルジャンナ、コルテジア、サトノゴールド、トゥルーヴィル

2・12年連続連対馬輩出中の”芝のレースにおいて1800m未満のレースを使っていない馬”

(7-9-2)

【該当馬】アルジャンナ、サトノゴールド、トゥルーヴィル

◇・近5年の3着以内入線馬で、その後の活躍が顕著だった馬

サトノダイヤモンド(2016年1着馬)…2016年菊花賞優勝、2016年有馬記念優勝



優勝馬のデータに該当する出走馬は半数の4頭、連対馬のデータではそこから1頭減って3頭が該当している今年のきさらぎ賞。そういった観点から、連対馬候補の3頭から予想を展開しても良いのですが、連対馬輩出のデータは12年連続となっているのに対し、それに該当していた3着馬はわずかに2頭となっており、3着馬の予想に関しては別のアプローチを考えていった方が良さそうです。



◎・アルジャンナ「※1・※2」

キルトクール・トゥルーヴィル「※1・※2」



そういった中で、2年前と同様に出走馬全てが1勝馬となっている今年のきさらぎ賞ですが、今回本命のアルジャンナは2012年のワールドエースを皮切りにきさらぎ賞を4勝している池江泰寿厩舎所属馬で、過去のきさらぎ賞を制した池江泰寿厩舎所属の4頭と同様に”右回りで連対率100%となっているキャリア2戦以上のノーザンファーム生産馬”という点を高く評価しました。近5年のきさらぎ賞3着以内入線馬の中で最も出世を果たしたサトノダイヤモンドも池江泰寿厩舎所属のノーザンファーム生産馬であり、今回の出走馬の中で最も出世する可能性がある馬ということで見ても、アルジャンナがその筆頭格にあたると考えています。

その上で、2着馬として考えているのは札幌2歳S・2着からの参戦となっているサトノゴールドですが、3着候補に関しては池江泰寿厩舎所属馬が勝利した時の過去4回をピックアップ。注目したいのは、昨年のランスオブプラーナ以外の3頭は”右回りの2ターンのレースで敗戦経験のある馬”となっており、今回の出走馬でサトノゴールド以外で該当しているのがサイモンルモンド1頭だけであることから、それを狙ってみようと思います。

そして、キルトクールに指名したトゥルーヴィルは、2016年のきさらぎ賞2着馬レプランシュの全弟にあたる馬で、今回と同じ京都芝1800m戦でデビュー勝ちを収めた馬です。デビュー戦はクリストフ・スミヨン騎手で勝利しており、そこからの上積みも油断ならないところですが、2年前に1戦1勝馬として勝利を収めたサトノフェイバーは年内デビューの馬で、キャリア2戦目にして年明け初戦がきさらぎ賞では敷居が高いと判断しました。



単勝

アルジャンナ

馬連

アルジャンナ-サトノゴールド

三連単

アルジャンナ→サトノゴールド→サイモンルモンド
スポンサーサイト





テーマ:中央競馬(JRA)予想 - ジャンル:ギャンブル

2020年のレース予想 | 11:55:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する