FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

【4着VS9着】 若葉S回顧
レース史上初めて1分58秒台の決着を見た若葉S。1着馬と2着馬に皐月賞への優先出走権が与えられるレースで勝利を収めたのは、1戦1勝のディープインパクト産駒であるアドマイヤビルゴでした。

1着・アドマイヤビルゴ(父ディープインパクト)

2着・キメラヴェリテ(父キズナ)

3着・アメリカンシード(父Tapit)

(予想記事・2020年のレース予想・4 「若葉S」(◎アルサトワ)

ラップタイム・12.3 - 10.6 - 12.2 - 12.5 - 12.3 - 12.1 - 11.9 - 11.5 - 11.5 - 11.7

※武豊騎手をスーパースターたらしめるもの

今回勝利を収めたアドマイヤビルゴは3年前の当歳セレクトセールにおいて5億8000万円(税抜き)の高値をつけたディープインパクト産駒で、今年の1月に行われた京都芝1800mの新馬戦で勝利を収めた馬です。その時は上がり3ハロンで最速をマークしたわけではなく、2着馬との差も1馬身未満となっていましたが、今回は上がり3ハロンで33秒6をマークし、逃げ粘った2着馬との差も2馬身と、大きな飛躍を見せました。

そういった中で、アドマイヤビルゴとコンビを組んでいた武豊騎手は若葉S・5勝目をマークすることとなりましたが、アドマイヤビルゴと同様に無敗の若葉S制覇を果たしたのは、2003年のアドマイヤグルーヴ、2006年のフサイチジャンクとなっています。また、武豊騎手とのコンビで皐月賞トライアルを無敗で制したのは、前述の2頭の他に、2005年の弥生賞におけるディープインパクトが加わりますが、武豊騎手とのコンビが継続となったアドマイヤグルーヴとディープインパクトは後にG1制覇を果たし、若葉S後のクラシックではコンビ解消となったフサイチジャンクも皐月賞では3着に入っていることから、2020年のクラシックの中心にアドマイヤビルゴが加わるような形になったと言えます。

◎・アルサトワ(4着)

大逃げを打ったキメラヴェリテから離れた2番手追走となったアルサトワ。直線では上がり3ハロンで33秒台の脚を駆使したアドマイヤビルゴとアメリカンシードに抜かされ、逃げたキメラヴェリテを捕らえることさえできませんでした。結果論としてはキメラヴェリテの逃げを許さなかった方が好成績を残せたようにも思うのですが、いずれにしてもアドマイヤビルゴの想像以上の走りには屈していた可能性は高く、勝利を意識するには厳しかったと言えます。

キルトクール・ムーンショット(9着)

アドマイヤビルゴと同じディープインパクト産駒のムーンショットはこれといった見せ場もなく、後方のまま終戦。予想記事において”優勝馬輩出中のデータ”に該当していた3頭はいずれも着外に終わってしまいましたが、弥生賞でも見せた”武豊騎手とディープインパクト産駒とのタッグ”の凄さに屈した印象もありつつ、来年以降の若葉Sにおける優勝馬探しは難航しそうな気がしています。
スポンサーサイト





テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース) | 10:00:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する