FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

3月20日・3月22日の重賞回顧
春の中山・阪神開催の前半は全て無観客競馬となった中央競馬。そういった中で、先週は中山と阪神で3日間の開催が行われましたが、金曜日に行われたフラワーCと日曜日に行われた阪神大賞典、スプリングSはどういったレースになり、先々へのメッセージを残していったのでしょうか。

※第34回フラワーC

1着・アブレイズ(父キズナ)

2着・レッドルレーヴ(父キングカメハメハ)

3着・シーズンズギフト(父エピファネイア)

ラップタイム・12.6 - 11.5 - 11.7 - 11.8 - 11.6 - 12.1 - 12.5 - 11.8 - 12.6

3日間開催の初日に行われた3歳牝馬限定重賞・フラワーC。昨年まで3年連続でディープインパクト産駒が勝利していた中で今年はディープインパクトを父に持つ2013年の日本ダービー馬であるキズナの産駒が勝利を収めましたが、勝ったアブレイズは2014年のバウンスシャッセ以来となる芝2000m戦の勝ち鞍があるフラワーC優勝馬となりました。その上で、今年は後述するスプリングSよりも速い決着を見たフラワーCとなりましたが、これは昨年同様であり、昨年のフラワーC優勝馬であるコントラチェックは昨年12月にターコイズSで重賞2勝目をマークしていることから、アブレイズの将来性はまずまず期待が持てるものとなっていると言えます。

※第68回阪神大賞典

1着・ユーキャンスマイル(父キングカメハメハ)

2着・トーセンカンビーナ(父ディープインパクト)

3着・メイショウテンゲン(父ディープインパクト)

ラップタイム・13.2 - 12.2 - 12.3 - 12.2 - 12.7 - 12.4 - 12.2 - 12.4 - 11.6 - 11.7 - 11.9 - 11.9 - 11.8 - 12.0 - 12.5

レース史上3番目に速い3分3秒0で決着した阪神大賞典。勝ったユーキャンスマイルは昨年の新潟記念以来となる重賞3勝目をマークしましたが、阪神大賞典において関東の芝3000m超の重賞勝ち馬が勝利を収めたのは、2010年のトウカイトリック(2007年ダイヤモンドS優勝馬)以来で、阪神大賞典が現行の3月開催となった1987年以降で見ても、1998年のメジロブライト(1997年ステイヤーズS優勝馬)と2005年のアイポッパー(2004年ステイヤーズS優勝馬)が加わるだけです。この3頭の中で天皇賞【春】制覇に繋げたのはメジロブライト1頭だけですが、今回のユーキャンスマイルはメジロブライトと同様に”関東の芝3000m超の重賞勝ちを収めた時と同じ騎手を起用した馬”となっており、鞍上の岩田康誠騎手に関しても過去4回の阪神大賞典制覇の中で3回はその年の天皇賞【春】制覇に繋げられていることから、今年の天皇賞【春】はユーキャンスマイルが優勝候補筆頭格となりそうです。

※第69回スプリングS

1着・ガロアクリーク(父キンシャサノキセキ)

2着・ヴェルトライゼンデ(父ドリームジャーニー)

3着・サクセッション(父キングカメハメハ)

ラップタイム・12.8 - 12.1 - 12.6 - 13.0 - 12.7 - 12.3 - 11.8 - 11.1 - 11.4

皐月賞トライアル最終戦であるスプリングS。今年はグレード制導入後としては最少頭数タイであり、ナリタブライアンが制した1994年以来の10頭立てのレースになりましたが、今回勝利を収めたガロアクリークは前走1勝馬クラスの特別戦で敗れていた馬で、1勝馬クラス(昨年5月までは500万下条件)以上のレースで勝ち鞍がない馬によるスプリングS制覇は、阪神開催となった2011年のオルフェーヴル以来となります。重賞における連対実績がなくて1勝馬クラス以上の勝ち鞍がない馬によるスプリングS制覇となると、1997年のビッグサンデー以来の記録となりますが、ビッグサンデーはクラシックにおける活躍こそなかったものの、翌1998年には芝1600m重賞を連勝し、マイルCSで2着に入った実績もあることから、仮にガロアクリークがクラシックで活躍できなかったとしても、その後の走りには注意を向けておきたいところです。
スポンサーサイト





テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 08:10:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する