FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

第13回ジャパンCダート展望 「時と期」
今年も外国馬のいないジャパンCダートとなりましたが、一昨年、昨年と連覇しているトランセンド、3年前の優勝馬エスポワールシチーは共に今回のレースに参戦してきました。その一方で、中央競馬で行われる10個の古馬混合のダート重賞は、そのうちの7レースの優勝馬が自身初の重賞制覇と数多くの新星が生まれてきましたが、その集大成となるジャパンCダートはどのようなレースであるのか、現在の阪神ダート1800mとなった2008年以降から検証していきます。

(昨年の展望記事・ジャパンCダート展望 「秋と砂」

1・ダート馬の王道

昨年はトランセンドがダートG1史上初めて連覇を果たしましたが、一昨年の勝ち馬トランセンド、3年前の勝ち馬エスポワールシチーが共に翌年のフェブラリーSを制しているように、ジャパンCダートで重要なのが勢いであり、近3年で見ると昨年2着のワンダーアキュート以外の5頭は10月、11月のダートオープンクラスのレース勝ち馬が連対しています。

2・ダート馬の瞬間

阪神ダート1800mで行われるようになった2008年以降のジャパンCダートでは上がり3ハロン最速をマークした馬が全ての年で2着に来ていますが、近3年の連対馬では昨年の優勝馬トランセンド以外の5頭が年内のダートオープンクラスで上がり3ハロン上位2番目以内をマークした上で勝利を収めています。

3・ダートの快速馬

阪神ダート1800mで行われた過去4回のジャパンCダートは、昨年以外の年全てで勝ちタイムが1分50秒を切る決着を見ていますが、1番人気馬が(3-0-1-0)であるのに対し、2番人気馬、3番人気馬は、昨年3着のエスポワールシチー以外全て着外という結果に終わっています。その中で着外となった2番人気馬、3番人気馬はいずれも半年以内に国内のダート1800mで1分50秒を切る時計で走っておらず、時計の裏付けがポイントと言えます。
スポンサーサイト





テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

レース展望 | 05:55:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する