FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

”2000m”という山場 第54回アメリカジョッキークラブC回顧
1着・ダノンバラード(父ディープインパクト)

2着・トランスワープ(父ファルブラヴ)

3着・アドマイヤラクティ(父ハーツクライ)

(予想記事・83rd forecast 「第54回アメリカジョッキークラブC」(◎ダノンバラード)

今年から降着・失格に関するルールが変わった中央競馬ですが、今回のアメリカジョッキークラブCにおいて初めて重賞で審議が行われました。その審議の内容は、最後の直線においてダノンバラードがトランスワープの進路を妨害したのではないかということで、トランスワープに騎乗していた大野拓弥騎手と管理する萩原清調教師が異議申し立てを行いましたが、「進路妨害なければ被害馬トランスワープが加害馬ダノンバラードに対して”明らかに”勝っていたわけではない」ということで、着順変更はありませんでした。勝ったダノンバラードは2着のトランスワープに対して1馬身4分の1のリードを作り、上がり3ハロンでメンバー中最速をマークしたように前に進む勢いも上であったことからも、降着の採決なしという判断に妥当性は十分にあります。

とはいえ、今回のような上位争いをしてきた馬たちによるデリケートな進路の取り方に対し、異議申し立てがあるまで審議を行わなかったということに関しては不可解な判断であり、結果としてレース確定が遅れたのでは、新ルール導入の際に重視されるはずだった”レース確定の迅速化”に逆行する形となっています。この部分に関しては、もっと精度を上げていき、徹底した広報を行ってもらいたいところです。

◎・ダノンバラード(1着)

ディープインパクト産駒による最初の重賞制覇を果たしたのが、2010年のラジオNIKKEI杯2歳Sを制したこの馬でしたが、今回の重賞制覇は自身にとってはその時以来のものとなりました。勝ったダノンバラード、2着のトランスワープは共に芝2000mの重賞勝ち馬で、先の審議の件はまさに直線半ば、2000mを走破した辺りのところで起こった出来事でしたが、父が持つ長距離適性の差が勝敗を分けたのかもしれません。(単600、複190)

キルトクール・サトノアポロ(4着)

道中の仕掛けは3着のアドマイヤラクティよりも少し後で、直線ではアドマイヤラクティの外から脚を伸ばしてきましたが、4分の3馬身及ばずに敗れました。重賞初挑戦としてはまずまずの内容でしたが、2着馬、3着馬はG2以上で連対経験がなかった馬で、オープン特別からの着実なキャリアアップが求められていきそうです。
スポンサーサイト





テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース) | 22:03:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する