FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

いざクラシックへ!注目の一頭 2013クラシック世代第42週
中央競馬の3歳戦は先週で新馬戦が終わりましたが、今週はクラシック本番前としては最後の重賞が行われました。2013クラシック世代を追いかけるこのコーナーも今回で最後としますが、そんな中で取り上げるレースからは今年の東京芝2400mG1の動静を大きく動かす予感があります。

※毎日杯

1着・キズナ(父ディープインパクト)

2着・ガイヤースヴェルト(父ダイワメジャー)

3着・バッドボーイ(父マンハッタンカフェ)

勝ちタイム1分46秒2は芝1800m戦となった2007年以降では2008年にディープスカイが出した1分46秒0に次ぐ2番目の速い決着となりましたが、勝ったキズナはただ1頭上がり3ハロン34秒台をマークし、2着馬に対して3馬身の差をつける圧倒的な走りを披露しました。今回の勝利で芝1800m戦を3戦3勝とした一方で、過去に負けた2戦は2000m戦ということで、クラシックの距離に対する不安が払拭されたわけではありませんが、阪神競馬場に外回りコースが新設されて初めてクラシックが行われた2007年以降の日本ダービーでは2010年優勝のエイシンフラッシュ以外は阪神芝外回りコースの勝利経験を持ち、その中では2007年のウオッカ以外の4頭が阪神芝1800mで優勝経験を持っていたことから、次のレースに勝利できれば、日本ダービー制覇は王手と言っても過言ではなくなると見ています。

※君子蘭賞より、ティアーモ

昨年はミッドサマーフェアが2着馬に3馬身半の差をつけて勝利し、フローラSの勝利もあってオークスで1番人気に支持されましたが、今回勝利を収めたティアーモは3週前に今回と同じ阪神芝1800m戦でデビュー勝ちを収め、そこからの連勝となりました。勝ちタイム1分48秒0は同じ日に行われた毎日杯よりも1秒8遅いものでしたが、ティアーモより人気していた2頭のディープインパクト産駒の追撃を振り切って逃げ切り勝ちを収めたのは、オークスを展望する意味では期待の持てる走り。芝1400mで行われていた7年前の同レース優勝馬カワカミプリンセスは後に無敗でオークス、秋華賞と連勝しており、そんな先達に続ける可能性も見出せました。
スポンサーサイト





テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

Road_to_Derby | 20:23:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する