FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「特別登録・ファーストインプレッション」(2013年3月26日ver.)
先週は春のスプリントG1が行われましたが、来週には桜花賞が控えている中央競馬。4月を迎えれば世間的には新年度となりますが、今週の土日はまだ3月という少々珍しい日程となっています。一方で海外の競馬に目を転じるとドバイワールドCをはじめとしたドバイミーティングが行われますが、今週の競馬で日本馬はどういった存在感を示していくのでしょうか。

なお、来週行われる桜花賞の登録馬についての見解は皐月賞の登録馬が出た時に行うことにします。

※ダービー卿チャレンジトロフィー

今現在芝1600mの日本レコードとなっている中山芝1600mで行われるハンデG3ですが、同じ条件で行われる京成杯オータムハンデと違い、こちらの勝ちタイムは中山で行われた近5回では1分32秒台に到達したことがないどころか、1分34秒台の決着が二度もあります。そうした中で、賞金上位馬の斤量を見ると最大で3kg差とだいぶ拮抗していることが窺えますが、牝馬ながら56kgと牡馬換算で58kgに相当する斤量となっているドナウブルーがどのような走りをするのかは気になるところです。

※大阪杯

昨年の凱旋門賞2着馬オルフェーヴルの始動戦となった阪神芝2000mのG2戦。昨年の優勝馬ショウナンマイティ、3年前の優勝馬テイエムアンコール、あるいはレコード決着となった2年前のレースで2着馬ダークシャドウ、同年3着のエイシンフラッシュといった過去の好走馬も名を連ねていますが、昨年の桜花賞から牝馬重賞5戦連続2着のヴィルシーナが牡馬相手にどのような走りをするのかが楽しみです。
スポンサーサイト





テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

「特別登録・ファーストインプレッション」 | 22:57:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する