FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

1月から3月の古馬芝G2簡易回顧
来週は桜花賞、再来週は皐月賞と3歳G1が続けて行われますが、その後には天皇賞(春)など、古馬のビッグタイトルも控えています。そんな中で、今回のこの記事では天皇賞(春)や宝塚記念に繋がってきそうな古馬G2について寸評を添えていきます。

なお、このブログで予想と回顧を行ったアメリカジョッキークラブCについてはここでは触れません。(当時の回顧記事・”2000m”という山場 第54回アメリカジョッキークラブC回顧

※日経新春杯

1着・カポーティスター(父ハーツクライ)

2着・ムスカテール(父マヤノトップガン)

3着・トウカイパラダイス(父ゴールドアリュール)

2番、1番、3番と内側の馬で決着となったレースでしたが、上位2頭は後述の日経賞でも2着、3着と好走。父が有馬記念優勝馬ということもあり、有馬記念で警戒したくなる存在です。

※京都記念

1着・トーセンラー(父ディープインパクト)

2着・ベールドインパクト(父ディープインパクト)

3着・ショウナンマイティ(父マンハッタンカフェ)

日経新春杯から200m短縮のレースでディープインパクト産駒のワンツーフィニッシュ。ゴールドシップの出来次第ですが、今年の春秋グランプリにおいてディープインパクト産駒の存在は大きなものとなりそうです。

※中山記念

1着・ナカヤマナイト(父ステイゴールド)

2着・ダイワファルコン(父ジャングルポケット)

3着・シルポート(父ホワイトマズル)

昨年同様シルポートが大逃げを打って粘り込む展開。勝ったナカヤマナイトはG1以外であれば関東圏で安定した強さを発揮していますが、今後の路線含めて捉えどころのない馬になりつつある印象もあります。

※阪神大賞典

1着・ゴールドシップ(父ステイゴールド)

2着・デスペラード(父ネオユニヴァース)

3着・フォゲッタブル(父ダンスインザダーク)

昨年秋の神戸新聞杯から4連勝となったゴールドシップですが、相変わらずスタートしてからの反応は鈍いまま。天皇賞(春)が昨年のような超高速仕様になり、かつフルゲートになった時に一抹の不安を覚える内容ではありましたが、オルフェーヴル以上にレースを支配し、長距離の速い流れに対応しているゴールドシップに対しては無用の心配かもしれません。

※日経賞

1着・フェノーメノ(父ステイゴールド)

2着・カポーティスター(父ハーツクライ)

3着・ムスカテール(父マヤノトップガン)

昨年春のクラシック連対馬が日経賞を制したのは、1993年のライスシャワー以来20年ぶりのこと。ライスシャワーはこの次の天皇賞(春)でメジロマックイーンの同レース3連覇を阻みましたが、今回のフェノーメノの勝利は、メジロマックイーンを母父に持つ昨年の菊花賞馬ゴールドシップにとって最大の脅威と見られます。

※大阪杯

1着・オルフェーヴル(父ステイゴールド)

2着・ショウナンマイティ(父マンハッタンカフェ)

3着・エイシンフラッシュ(父King's Best)

2月・3月に行われた中山・阪神の古馬G2は全てステイゴールド産駒の勝利となりましたが、その中で勝ち馬が一際強く映ったレースだったのが、オルフェーヴルの勝った大阪杯。昨年のジャパンC同様に前半スローの流れから残り800mの辺りで外からスムーズな加速を見せると、直線では昨年秋の天皇賞馬エイシンフラッシュとの叩き合いを制し、コーナーで一旦はオルフェーヴルに遅れを取ったショウナンマイティの猛追を半馬身凌ぎました。着差こそさほどではないものの、直線で寄れるところがなかったりと、人馬の呼吸は今までの中でも最も合っていたレースで、宝塚記念連覇の可能性はかなり大きいものと見ています。
スポンサーサイト





テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 16:25:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する