FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

過激な快速王 第73回皐月賞回顧
今年の皐月賞は、1994年のナリタブライアン以来となる朝日杯優勝馬によるものでしたが、その時と同じように中山芝2000mのコースレコードをも更新していきました。

1着・ロゴタイプ(父ローエングリン)

2着・エピファネイア(父シンボリクリスエス)

3着・コディーノ(父キングカメハメハ)

(予想記事・90th forecast 「第73回皐月賞」(◎エピファネイア)

※一つの集大成

上位3頭が人気順に決まったのは2003年以来のことになりますが、その時勝ったネオユニヴァースに騎乗していたのが今回ロゴタイプに騎乗していたミルコ・デムーロ騎手で、当時のミルコ・デムーロ騎手にとっては初の日本のG1制覇にもなりました。そんな中で、今回のロゴタイプはネオユニヴァース同様にスプリングSで重賞連勝の経験を積んだ上での参戦でしたが、19年ぶりの朝日杯優勝馬によるクラシック制覇、2週連続外国人騎手によるクラシック制覇も合わせて、近代日本競馬における一つの集大成を迎えるような決着だったように思えます。

※トップマイラーの激突?

今回勝利を収めたロゴタイプが芝1600mの朝日杯優勝馬であることは先にも触れましたが、2着馬、3着馬も、父が朝日杯優勝馬を輩出したことがある種牡馬で、マイル適性の高い馬たちによる決着だった見ることもできます。今回、1分58秒0という中山芝2000mのコースレコードが打ち立てられましたが、1分58秒台の決着になった過去3回の連対馬6頭は日本ダービーでは全く勝負にならずに終わっており、距離延長のダービーを展望するという意味では不安の残るレースとも言えます。特に勝ったロゴタイプに関しては皐月賞を1番人気1着とした馬による平成の日本ダービーが(5-0-1-0)となっていますが、負けた1頭が皐月賞を乗り替わりで勝利したヴィクトワールピサでした。また、日本ダービーでも乗り替わりの予定があることから、1985年のシリウスシンボリ以来となる前走からの乗り替わり勝利に挑むという難しい立場にあり、まだまだダービー戦線は混沌としています。

◎・エピファネイア(2着)

道中は中団の外で若干折り合いに苦心するところを見せていましたが、今回の上位3頭で最も仕掛けが速かったのがこの馬。直線ではロゴタイプとの争いに屈したものの、内から脚を伸ばそうとしたコディーノの追撃を振り切りました。ラジオNIKKEI杯2歳Sを1番人気で勝利する前に芝2000m戦を勝ち、日本ダービーに出走した馬は(1-0-1-0)としており、ロゴタイプの騎手が乗り替わる予定であることからも巻き返しの余地は残されていますが、21世紀の皐月賞2着馬の成績が(0-1-2-9)ということで、ロゴタイプよりも立場としては良くないと見るのが妥当です。(複150)

キルトクール・タマモベストプレイ(5着)

道中はエピファネイアの後ろに控える形で進め、上がり3ハロンもエピファネイアと同じ35秒6でした。上位馬とは底力の差を感じさせるレースとなりましたが、「父フジキセキ、母ホットプレイ」の子供として”ベストプレイ”の名に違わぬ走りを続けているのは確かであり、一族初のG1制覇も十二分に視野に入れられる走りだったと見ています。
スポンサーサイト





テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース) | 18:00:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する