FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

第74回優駿牝馬【オークス】と第80回東京優駿【日本ダービー】の”ヒラメキ”(その一)
先週のNHKマイルCをもって、オークス、ダービー前の3歳重賞は全て終了。それぞれのトライアルレースも終わり、いよいよ2013年のクラシック戦線もクライマックスを迎えますが、今回のこの記事ではオークスとダービーのトライアルレースに加え、桜花賞と同じ日に行われた阪神芝2000mの牝馬限定のオープン特別・忘れな草賞、プリンシパルSの裏で行われた京都芝2200mのG2戦・京都新聞杯について簡単に回顧していきます。

☆第74回優駿牝馬【オークス】

※忘れな草賞

1着・セレブリティモデル(父キングカメハメハ)

2着・ナンヨーユナ(父ジャングルポケット)

3着・オーキッドレイ(父ディープインパクト)

上位3頭の父は全てダービー馬で、1着馬と2着馬は共に母父サンデーサイレンスでしたが、勝ったセレブリティモデルは2010年クイーンC、クイーンSの優勝馬アプリコットフィズを近親に持つ馬で、母の兄が2002年の菊花賞馬などG1を3勝したマンハッタンカフェという良血馬。ここがキャリア2勝目となりましたが、初勝利も芝2000mであげており、オークスに向けての距離延長に対する不安はなさそうです。

※フローラS

1着・デニムアンドルビー(父ディープインパクト)

2着・エバーブロッサム(父ディープインパクト)

3着・ブリュッセル(父ダイワメジャー)

上位2頭は共に芝2000mで初勝利をあげたディープインパクト産駒で、鞍上には元大井競馬所属のトップジョッキーが跨っていました。こうした中で勝ったデニムアンドルビーは内田博幸騎手と初コンビでしたが、道中最後方の辺りを進みながら、レース中盤で先行集団に進出するという鞍上の主戦パートナーであるゴールドシップを彷彿とさせるような走りを展開し、エバーブロッサムとの叩き合いを4分の3馬身凌ぎました。デビューから1600m、1800mと使ってきて、3戦目の芝2000mからの連勝という形でオークスの2400mに対する不安は少ないですが、このレースで上がり3ハロン最速をマークせずに勝ったことがオークスでどう出るのか、気になるところ。一方で、2着のエバーブロッサムは、昨年の牝馬三冠馬ジェンティルドンナと同じ「父ディープインパクト、母の二代父Danzig」という血統馬で、輸送の少ない関東馬であるということから、関西馬であるデニムアンドルビーを逆転する可能性は少なからずあると見ています。

※スイートピーS

1着・リラコサージュ(父ブライアンズタイム)

2着・フロアクラフト(父フジキセキ)

3着・ダイワストリーム(父ダイワメジャー)

天皇賞(春)の裏で行われたオークストライアル最終戦でしたが、2着馬と3着馬との3馬身と、上位2頭の強さが際立った一戦となりました。こうした中で勝ったリラコサージュはフラワーC3着の実績はあったものの、芝の勝利自体はこの時が初めてで、芝で2勝目をあげた馬が自身含めて15頭中0頭というメンバー構成を考えると、ここからオークス上位入線を果たすのはあまりにも厳しいと見ています。

☆第80回東京優駿【日本ダービー】

※青葉賞

1着・ヒラボクディープ(父ディープインパクト)

2着・アポロソニック(父Big Brown)

3着・ラストインパクト(父ディープインパクト)

1番人気に支持されていたのは、東京スポーツ杯2歳S2着以来の実戦となったレッドレイヴンでしたが、4コーナーで早々に手応えをなくして11着に大敗。そうした中で、ダービーの優先出走権を得た上位2頭は中山芝2200mの500万下特別勝利をステップにしており、母の父系は最近トレンドになりつつある「Storm Cat - Storm Bird」のラインです。メンバーレベルという点ではダービーで逆転を期待するどころか、上位争いの可能性すらさほど持てませんが、2着のアポロソニックは連続して逃げ粘りを図る競馬をしており、この馬の先行力には注意を払っておきたいところです。

※京都新聞杯

1着・キズナ(父ディープインパクト)

2着・ペプチドアマゾン(父アグネスタキオン)

3着・ジャイアントリープ(父ネオユニヴァース)

レース前に雨が降った影響もあったか、昨年よりも2秒以上遅い決着タイムとなった今年の京都新聞杯。勝ったキズナは毎日杯に続いて重賞2勝目をあげ、初めて2000m以上のレースで勝利を収めましたが、毎日杯の時よりも2着馬との差が詰まったことは少々気になります。また、上がり3ハロンは前走と同じようにただ1頭34秒台をマークしていますが、上がり3ハロンが2番目に速かった馬との差は1秒以上もあった前走とは違って0秒7差と、距離延長で良くなるといった感じが見られませんでした。とはいえ、京都新聞杯と阪神芝のオープンクラス連勝という形は2000年に京都新聞杯優勝から日本ダービー制覇に結びつけたアグネスフライトと同じであることから、打倒ロゴタイプの筆頭候補として確固たる地位は築かれました。

※プリンシパルS

1着・サムソンズプライド(父メイショウサムソン)

2着・ミエノワンダー(父グラスワンダー)

3着・マジェスティハーツ(父ハーツクライ)

ゴール直前で2番手争いをしていたサーストンニュースが故障発生で競走中止(予後不良)というショッキングな出来事があったダービートライアル最終戦でしたが、先手を取ったサムソンズプライドが父譲りのしぶとさを遺憾なく発揮して後続の追撃を振り切りました。サムソンズプライドの父メイショウサムソンはロゴタイプと同じ父系Sadler's Wellsの馬で、ロゴタイプと同じように使われつつ良くなってきていることから、ダービーの展開を大きく左右する馬として注目してみようと思います。
スポンサーサイト





テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

Road_to_Derby | 00:55:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する