FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

第63回安田記念の前哨戦を簡単に回顧
安田記念を迎えるまでに今年行われた古馬による牡牝混合の芝1600m重賞は4戦ありますが、その勝ち馬が安田記念の出走優先順18番目以内にいるのは、マイラーズCの勝ち馬グランプリボスのみとなっております。それによってさらなる混沌を呼ぶマイル戦線ですが、果たしてどんなところがポイントになってくるのか、東京芝1400mで行われた京王杯スプリングCも合わせて検証していきます。

※京都金杯

1着・ダノンシャーク(父ディープインパクト)

2着・トライアンフマーチ(父スペシャルウィーク)

3着・ヤマニンウイスカー(父マンハッタンカフェ)

今年1月の京都開催は内側を通った馬の活躍が目立ち、このレースもその例から漏れませんでしたが、勝ったダノンシャークは2着馬に0秒4差をつけて重賞初制覇を果たしました。ダノンシャークは次走マイラーズCで3着となりましたが、共に外国人騎手を起用しており、今後のレースで日本人騎手が乗るようだと割引が必要になるかもしれません。

※東京新聞杯

1着・クラレント(父ダンスインザダーク)

2着・ダイワマッジョーレ(父ダイワメジャー)

3着・トライアンフマーチ(父スペシャルウィーク)

勝ったクラレントは昨年秋の東京芝1600mのG3・富士S以来となる重賞3勝目をあげましたが、4歳馬の収得賞金半額による賞金順下降に加え、レーティングでも110に到達せず、マイルCSと同じように除外が濃厚です。そうした中で、京都金杯2着のトライアンフマーチが3着に入り、京都金杯と同じように母の父系が欧州血統の馬による上位独占というのは一つのポイントになりそうです。

※ダービー卿チャレンジトロフィー

1着・トウケイヘイロー(父ゴールドヘイロー)

2着・ダイワマッジョーレ(父ダイワメジャー)

3着・ダイワファルコン(父ジャングルポケット)

勝ち時計の1分32秒6は、グレイトジャーニーが勝った2006年以来となる1分32秒台の決着となりましたが、昨年秋に同じ中山芝1600mのハンデG3である京成杯オータムハンデにおいてマークされた日本レコードよりも1秒9も遅い決着でした。そんな中で、勝ったトウケイヘイローの父ゴールドヘイローは、これが産駒の重賞初勝利となり、今年の関東マイル戦線のトレンドである「産駒の重賞初勝利」を踏襲する形と言えます。

※マイラーズC

1着・グランプリボス(父サクラバクシンオー)

2着・サンレイレーザー(父ラスカルスズカ)

3着・ダノンシャーク(父ディープインパクト)

昨年は13着に敗れたグランプリボスが勝利を収めましたが、国内ではスワンSから3戦続けて連対中と、トップマイラーの1頭として大きな柱となった感があります。こうした中で2着に入ったサンレイレーザーについて触れると、今回の安田記念では残念ながら除外対象となってしまっていますが、父ラスカルスズカにとって初めての重賞連対馬の輩出となり、今後の活躍如何ではトップマイラーの1頭として名を連ねていきそうです。

※京王杯スプリングC

1着・ダイワマッジョーレ(父ダイワメジャー)

2着・トライアンフマーチ(父スペシャルウィーク)

3着・ガルボ(父マンハッタンカフェ)

安田記念よりも200m短いG2戦を勝ったのは、ここまでマイル重賞2戦連続2着だったダイワマッジョーレ。昨年のサダムパテックに次いで4歳馬の勝利となりましたが、単勝1番人気馬による勝利ということではグラスワンダーが勝った1999年以来の出来事となります。グラスワンダーは次の安田記念において京王杯スプリングCで2着だったエアジハードに敗れてしまいましたが、この時のグラスワンダーと同じように、左回りのマイル以下ではまだ一度も3着以下に沈んだことがないという実績は、ダイワマッジョーレにとって大きな武器と言えます。一方で、上位3頭の血統を見ると、東京新聞杯とかなり酷似しており、これをどう読み解くかがマイル戦線を捉える大きなポイントとなりそうです。
スポンサーサイト





テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 21:47:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する