FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

クレイジー&クレイジー 第63回安田記念回顧
今年も1分31秒台の決着となった安田記念ですが、上位2頭は前走から400m違う距離への挑戦という型破りなローテーションで参戦。それでも、ゴール前の攻防は次元の違いを感じさせました。

1着・ロードカナロア(父キングカメハメハ)

2着・ショウナンマイティ(父マンハッタンカフェ)

3着・ダノンシャーク(父ディープインパクト)

(予想記事・96th forecast 「第63回安田記念」(◎マイネイサベル)

※真の”頂”に触れた馬

今回勝利を収めたロードカナロアは香港スプリントを初めて日本調教馬で勝った馬として大きな存在感を持つG1・3勝馬でしたが、2着のショウナンマイティは重賞勝ちこそ昨年の大阪杯1勝のみと実績的にはかなり大きなかい離が見られました。しかし、大阪杯で初重賞制覇を果たした時には、前年の天皇賞【秋】で芝2000mの日本レコードを打ち立てたトーセンジョーダンや3歳でジャパンCを制したローズキングダムなどに先着し、同じ年の宝塚記念では2010年の日本ダービー馬エイシンフラッシュなどに先着する3着という健闘を見せていました。今年の大阪杯でも昨年秋の天皇賞を勝ったエイシンフラッシュに先着し、前年の宝塚記念優勝馬で凱旋門賞2着となった同期のクラシック三冠馬オルフェーヴルに迫る走りを見せていたショウナンマイティの能力から言えば、今回の走りは至極当然といった感じでもありました。

※時代は「母の父系Storm Cat」

先週の東京優駿【日本ダービー】に続いて、外から脚を伸ばしてきた馬たちによる上位争いが繰り広げられた安田記念。上位3頭は上がり3ハロン33秒5を切り、2着のショウナンマイティに至っては前走芝2000mの大阪杯と同じように32秒台の脚を繰り出してきました。3着のダノンシャークと4着のマイネイサベルとの差は1馬身4分の3差で、上位3頭の走力が図抜けていたことを窺えるような走りでしたが、この中で1着馬と2着馬は、先週の日本ダービーを制したキズナと同じ「母父Storm Cat」でした。桜花賞を勝ったアユサンもまた「父ディープインパクト、母父Storm Cat」という血統で、今年の春だけで「父・日本ダービー馬、母父・Storm Cat」という馬がG1を4勝という、凄まじい影響力を発揮しています。

◎・マイネイサベル(4着)

道中は中団待機策に出たロードカナロアの背後につくような形で追走していきましたが、最後の直線に出ると、ロードカナロアの一瞬のスピードに全く為す術がありませんでした。この馬自身上がり3ハロンを33秒5でまとめており、力通りの走りはできたのではないかと見られますが、決め手の差があまりにも大きかったといったところです。

キルトクール・サダムパテック(13着)

道中は後方から2頭目を追走し、直線でも見せ場の無いまま終わってしまいました。今回、この馬を含めて4頭の国内マイルG1を勝ってきた馬がいましたが、誰も掲示板に載ることすらできない体たらくで、良く言えば新陳代謝の激しい、悪く言えば柱になる馬が誰もいないマイル戦線の象徴的な結果と言えます。
スポンサーサイト





テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース) | 17:30:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する