FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

98th forecast 「第54回宝塚記念」(◎ジェンティルドンナ)
今年行われた3つの芝2200m重賞は全て勝利しているディープインパクト産駒と2月・3月の中山・阪神で行われた4つの古馬G2を全て勝利しているステイゴールド産駒が上位人気を形成している、54回目の宝塚記念。そんな中で、昨年の3歳牝馬三冠を制したディープインパクト産駒を本命としましたが、他の5頭のディープインパクト産駒とステイゴールド産駒、そして、それ以外の種牡馬を持つ馬の印はどう配分していったのか、見解を出していきます。

(展望記事・第54回宝塚記念展望 「”夢”の算」

(参考まとめ記事・レース参考まとめ「第54回宝塚記念」

1枠1番・ヒットザターゲット(…)

+・10年連続3着以内入線の「斤量57kg以上での重賞勝ちが1年以内にある5歳以上の牡馬」[レ]

-・前走とは異なる距離の芝2200m戦(0-0-0-3)[自]

今年のダービーオーナーである前田晋二氏所有のキングカメハメハ産駒。ハンデG3を2勝というキャリアでは、荷が重いです。

2枠2番・タニノエポレット(…)

+・キャリア4勝のうち3勝が前走から距離延長のローテーション[自]

-・重賞未勝利馬による3着以内入線は2002年3着のローエングリン以来なし[レ]

2009年の菊花賞をスリーロールスで勝って以来G1の勝利がないダンスインザダーク産駒ですが、この馬の2代母タニノクリスタルは2002年の日本ダービー馬タニノギムレットの母にあたる馬です。関西圏の芝2000m超におけるオープンクラスのレースは4着、2着とまずまずの結果を残していますが、直近の勝利が不良馬場ということでスピード不足が否めません。

3枠3番・フェノーメノ(キルトクール)

+・日本ダービー2着後にキャリア初G1制覇を古馬混合戦で果たし、その次走も古馬混合G1だった馬は2000年以降(2-0-1-0)[自]

-・初G1制覇が天皇賞【春】の馬によるG1レース2勝目は1996年のサクラローレル以来なし[自]、天皇賞【春】で初G1制覇を果たした次のレースも国内G1だった馬は近20年で(0-0-0-5)[自]

私のキルトクールで初めて2度目の指名を受けるのは、今年の天皇賞【春】優勝馬。芝2000m以上の重賞でステイゴールド産駒にキルトクールを指名すると(2-2-0-0)とパーフェクト連対ですが、日経賞の勝利から天皇賞【春】制覇はグランプリに向けてよろしくないキャリアと見て、今回のキルトクールにしました。

4枠4番・ダノンバラード(…)

+・3年連続連対の「父が日本ダービー馬の芝2200m重賞勝ち馬」[レ]

-・古馬になってから前走から1か月以内に重賞出走した場合(0-0-0-4)[自]

今やリーディング独走のディープインパクト産駒ですが、その最初の重賞ウィナーがこの馬です。重賞を勝っているディープインパクト産駒と相性が良い川田将雅騎手とのコンビは心強いですが、アメリカジョッキークラブC後の走りを見ると、今回のレースでは格負けといったところです。

5枠5番・シルポート(…)

+・8年連続3着以内入線の「近2走共に芝2000m以下の重賞」[レ]

-・G1(0-0-0-8)[自]

8度出走したG1では一度も3コーナー先頭を譲ったことがないホワイトマズル産駒の逃げ馬。3年連続出走の天皇賞【秋】の中でも、ここ2年の前半1000mの通過タイムは56秒5(2011年)、57秒3(2012年)と猛烈に速いペースを作っていますが、スタートしてから500mほど直線コースの宝塚記念でどんなペースメイクをするかに注目です。

6枠6番・トーセンラー(△)

+・3年連続連対の「父が日本ダービー馬の芝2200m重賞勝ち馬」[レ]、武豊騎手とのコンビ(2-1-2-0)[自]

-・菊花賞がG1初の3着以内入線となった馬でその後のG1で複数回3着以内に入ったのは、2003年菊花賞2着のリンカーン(4回)以来なし[自]

武豊騎手がキズナで5度目のダービー制覇を果たせたのは、今年の京都記念において約2年ぶりにコンビを組んで勝利を収めたトーセンラーの存在も見逃せないところです。ディープインパクト産駒とマッチする”ユタカマジック”は、今回のレースにおける3強の一角崩しを十分に果たせると見ています。

6枠7番・スマートギア(…)

+・8年連続3着以内入線の「近2走共に芝2000m以下の重賞」[レ]

-・前走から重賞連戦で今回が芝2000m超(0-0-0-4)[自]

祖父サンデーサイレンスの産駒で初めて宝塚記念を制したマーベラスサンデーを父に持つ馬。2010年以来3度目の宝塚記念出走となりますが、3年前の宝塚記念後に出走した4度のG2戦であまり良いところを見せていないことを考えると、ここは厳しい戦いを強いられそうです。

7枠8番・ナカヤマナイト(○)

+・8年連続3着以内入線の「近2走共に芝2000m以下の重賞」[レ]、10年連続3着以内入線の「斤量57kg以上での重賞勝ちが1年以内にある5歳以上の牡馬」[レ]

-・G1(0-0-0-6)[自]

今回出走のステイゴールド産駒では唯一のG1未勝利馬ですが、関東馬の非根幹重賞マニアというキャラクターは、2006年3着馬のバランスオブゲームを彷彿とさせるものがあります。仮に今回のレースで凡走しても、有馬記念で見直しておきたい1頭です。

7枠9番・ローゼンケーニッヒ(…)

+・4年連続3着以内入線の「父が有馬記念優勝馬の阪神芝外回りの優勝馬」[レ]

-・重賞未勝利馬による3着以内入線は2002年3着のローエングリン以来なし[レ]

シンボリクリスエス産駒で初めて中央競馬のG1を制したサクセスブロッケンと同じように「母父サンデーサイレンス」の血を持つ馬。クリスチャン・デムーロ騎手とのコンビでここ2戦連勝して初のG1出走に漕ぎ着けましたが、今年のG1で存在感の薄いウィリアムズ騎手とのコンビでは、キャリアの浅さを埋め合わせるのは困難と見ています。

8枠10番・ゴールドシップ(▲)

+・【前年の有馬記念を連対し、かつ有馬記念前にG1勝ちがあった年内2戦以上の4歳馬は近20年で(5-1-0-0)】[レ]、【前年の菊花賞馬で有馬記念も連対した4歳馬は近20年で(4-0-0-0)】[レ]、【前年のクラシック優勝馬で当年の阪神大賞典を制した平成の4歳馬は(2-2-0-0)】[レ]

-・【阪神大賞典勝利後、天皇賞【春】で敗戦を喫した馬は平成において(0-0-1-3)】[レ]

少頭数のレースながら、自身含めてG1馬3頭、今年に入ってG2を勝った馬がG1馬以外で3頭いるハイレベルなメンバー構成ということで前走・天皇賞【春】よりもマークが緩んで走りやすさは増しています。あとは、オルフェーヴルと同じ「父ステイゴールド、母父メジロマックイーン」の配合を持つこの馬の気持ちが向くか否かで、結果は大きく左右されると見ています。

8枠11番・ジェンティルドンナ(◎)

+・【3年連続連対の海外G1連対馬】[レ]、【5年連続3着以内入線の「父がクラシック優勝馬の芝2400m重賞勝ち馬」】[レ]、4年連続3着以内入線の「父が有馬記念優勝馬の阪神芝外回りの優勝馬」[レ]、前年に国内G1の連対経験を持つ前走ドバイシーマクラシック出走馬による帰国初戦(2-0-0-0)[自]

-・【前走が年内で4月の中山・阪神開催以前の馬による3着以内入線は1993年3着のオースミロッチ以来なし[レ]】、前走ドバイで今回日本の芝2000m以上の上半期G1は(0-0-1-3)[自]

ノーザンファーム生産、サンデーレーシング所有、元地方所属のトップジョッキー、そしてディープインパクト産駒の3歳牝馬三冠馬と、時代の最先端を担う要素をこれでもかというほど背負っています。キルトクールに指名したフェノーメノ同様「祖父サンデーサイレンス、母の2代父Danzig」という配合を持つ馬であり、今年行われた3つの芝2200m重賞を全て勝利しているディープインパクト産駒の総大将、そして宝塚記念好走馬と縁の深い海外G1の連対馬ということで、ここは絶対的本命馬です。



単勝

ジェンティルドンナ

複勝

ナカヤマナイト

トーセンラー

ワイド

ジェンティルドンナ-ナカヤマナイト

馬連

ジェンティルドンナ-ゴールドシップ

三連単

ジェンティルドンナ→トーセンラー→ナカヤマナイト

ゴールドシップ→ジェンティルドンナ→ナカヤマナイト

☆勝負のワンツースリー

ジェンティルドンナ→ゴールドシップ→ナカヤマナイト
スポンサーサイト





テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

レース予想(2013年以前) | 23:14:58 | トラックバック(1) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

今週のメイン~宝塚記念
 昨日の雨天がウソのような好天となって、日差しが注いだ土曜日、思いのほか馬場の回復も早く、阪神競馬場は良馬場に回復しましたね。  回復した馬場で行われるのは今週のメイン
2013-06-23 Sun 08:33:41 | 龍ぱぱログ