FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

サマーマイルシリーズ初代王者、誕生なるか 第48回関屋記念回顧
昨年はダービー馬を父に持つ牝馬2頭がワンツーフィニッシュを決めた関屋記念でしたが、今年はマイル重賞を勝ってきた4歳牡馬2頭を付き従えて、7歳牡馬のレッドスパーダが2010年東京新聞杯以来となる重賞2勝目を挙げました。

1着・レッドスパーダ(父タイキシャトル)

2着・ジャスタウェイ(父ハーツクライ)

3着・レオアクティブ(父アドマイヤムーン)

(展望記事・105th forecast 「第49回関屋記念」(◎ランリョウオー)

今年の勝ちタイムである1分32秒5は、コースレコードとなった昨年の関屋記念の勝ちタイムである1分31秒5から1秒0遅い決着です。ただ、前半600mのラップタイム34秒5は、新潟競馬場が左回りコースとなった2001年以降では3番目に速い入りで、レインボーペガサスが勝利を収めた2年前のものと同じ前半600mとなっています。

レース内容について着目すべき点があるとすれば、上位3頭の中でジャスタウェイ以外の2頭が枠も内なら、直線で通ったコースも内側であったことです。この2頭に関して言えば、新潟芝1600m同様にバックストレートよりもホームストレートの方が距離があるコースである東京芝1400mのオープンクラスの優勝実績があり、その立ち回りの上手さが今回のレースに生きたという見方はできそうです。また、日本レコードが出たコースである中山芝1600mのオープンクラスにも優勝実績があるので、サマーマイルシリーズ最終戦である京成杯オータムハンデに出走してくれば、シリーズ優勝が見込める2頭ということになりそうです。

◎・ランリョウオー(7着)

位置取りは中団の外を通るような形となりましたが、直線ではレース序盤から積極的なレース運びをしていたレッドスパーダと同じような脚色になって伸びあぐねてしまいました。この馬も2走前に東京芝1400m戦を勝ってきていましたが、2着7回という準オープン馬時代の中で最も悪い着順だったのが昨年9月に走った中山芝1600mであり、本質的に器用さに欠けているのではないかと思われます。上位馬との実績の比較から言っても、現状では力不足と見ざるを得ません。

キルトクール・レッドスパーダ(1着・(/´△`\) ナンテコッタイドンガバチョ!)

今回の出走馬の中ではドナウブルーと並んで東京芝1600m・G1の連対経験を持つ馬ということで、基本的には東京芝1600mで強い競馬をしてきた馬が良いのが関屋記念の特色とも言えます。一方で、先に触れた3着馬レオアクティブとの共通項も大事なことですが、2着馬ジャスタウェイとの共通項で語れるものとしては、芝1600m±200mのG2で連対実績があるというものであり、この部分が他の馬を出し抜く要素の一つになったのではないかと考えられます。

なお、今回のような”良馬場・1分32秒台”の関屋記念の優勝馬は、次のレースで右回りコースだった時の成績が(0-2-1-0)ということで、次走が京成杯オータムハンデということになれば、3着以内入線の可能性は高く、シリーズ優勝も視野に入ります。(単780、複230)
スポンサーサイト





テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース) | 17:35:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する