FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

追跡・ゴールドシップ 「3頭目の国内4場芝G1制覇の可能性」
1999年、その年の4歳馬のレベルは凄まじく高いものとなり、春秋マイルG1制覇のエアジハード、春秋グランプリ制覇のグラスワンダー、そして天皇賞春秋制覇とジャパンC制覇を果たしたスペシャルウィークの3頭がG1を2勝以上していきました。しかし、年度代表馬に選ばれたのはその3頭ではなく、長期のフランス遠征をして日本調教馬で初めての欧州芝2400mのG1勝ちを収め、凱旋門賞で2着となった同期のエルコンドルパサーでした。

そして、2013年秋、国内外のG1を4勝以上している馬が現役で4頭もいるという日本競馬史上、類を見ないほどの出来事が起こっています。その中で、「父・ステイゴールド、母父メジロマックイーン」の配合馬が2頭もおり、日本近代競馬の進化を感じずにはいられませんが、今週の「追跡」は競馬ファンが大いに注目する今週のレースに関わる馬を3頭続けて取り上げていきます。まず今回は、若い方の「父・ステイゴールド、母父メジロマックイーン」であるゴールドシップを取り上げていきます。

※王手

◇国内芝G1レース4勝以上を達成した馬【×…G1未出走、☆→4歳以降のレースで4か月以上のブランクなし…○、生涯4か月以上のブランクなし…◎、馬名斜体は現役馬、G1開催が高松宮記念のみの中京競馬場は除外】

・1984-1995【グレード制導入】

馬 名勝利数中山東京京都阪神
シンボリルドルフ7322× 
オグリキャップ42110 
トウカイテイオー4220× 
メジロマックイーン40031 
ナリタブライアン5311× 

・1996-1999【NHKマイルC新設・高松宮杯(現・高松宮記念)の昇格】

馬 名勝利数中山東京京都阪神
マヤノトップガン41021
メジロドーベル50131 
タイキシャトル4112× 
グラスワンダー430×1 
スペシャルウィーク40310
テイエムオペラオー72221

・2000-2006【菊花賞10月開催・ジャパンCダート新設】

馬 名勝利数中山東京京都阪神
シンボリクリスエス422×0 
ディープインパクト7223×
ダイワメジャー51220 
メイショウサムソン41210 

・2007-【桜花賞が阪神外回りで施行】

馬 名勝利数中山東京京都阪神
ウオッカ70601 
ダイワスカーレット41021 
ブエナビスタ60402 
アパパネ5×212 
オルフェーヴル51211 
ジェンティルドンナ4×211 
ゴールドシップ42011
ロードカナロア421××

前走宝塚記念で4度目のG1制覇を果たしたゴールドシップは、グレード制導入後としては22頭目の国内芝G1レースを4勝以上した馬となります。桜花賞が阪神外回りコースで行われるようになった2007年以降でG1レース4勝以上した牝馬が5頭も輩出されることになりましたが、牡馬にとっては阪神競馬場で行われる唯一の芝G1である宝塚記念を制した牡馬は自身含めて17頭中6頭おり、阪神の宝塚記念を優勝した年の秋の国内G1成績は(4-2-0-1)となっております。また、春のクラシックの勝ち馬で国内G1を4勝以上している牡馬は自身除いて9頭いますが、いずれも現役中に東京G1を勝っていることから、ゴールドシップがジャパンCで国内4場芝G1制覇を果たす可能性は非常に大きいのではないかと思われます。

※初手

国内4場芝G1制覇に王手がかかっているゴールドシップですが、4歳の宝塚記念終了時点で国内芝G1を4勝以上しているのは、ゴールドシップ以外ではシンボリルドルフ、ナリタブライアン、ディープインパクト、ブエナビスタ、アパパネ、オルフェーヴル、ジェンティルドンナと7頭います。このメンバーでは東京競馬場でG1勝ちがないのがゴールドシップのみですが、現役4歳馬であるゴールドシップとジェンティルドンナ以外の6頭は、秋最初の国内G1(2-2-1-1)とかなり高い可能性で好走しており、ゴールドシップが持つ高速馬場不得手のイメージを覆すような勝利を収めることも十分に考えられます。

ただし、ゴールドシップがこの4歳秋の戦いを良い流れにするためには最初のレースが肝心で、阪神の宝塚記念を優勝した年の秋の国内G1成績である(4-2-0-1)のうちの(4-1-0-0)は秋初戦を勝利とした馬です。また、4歳の宝塚記念終了時点で国内芝G1を4勝以上していた馬の秋最初の国内G1(2-2-1-1)の中の(0-0-1-1)は秋初戦を二桁着順としていた馬であることから、最初に躓くと一気に秋のG1制覇が遠のくことになるというのもポイントに挙げておこうと思います。
スポンサーサイト





テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

馬雑談【追跡】 | 18:16:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する