FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2013年クラシック世代G1サイアーから、2014年クラシック世代のまだ見ぬ出世馬を占う
クラシック最後のレース菊花賞が終わってそろそろ2週間が経つ頃ですが、今週から再来週までの3週間と、12月の後半3週間のところに、2歳重賞が毎週組み込まれています。12月には2歳馬の頂点を決めるG1が2つ組まれており、来年のクラシックを占う意味で非常に重要な戦いが繰り広げられますが、未だにデビューしていない馬の中にも、出世の機会を虎視眈々と狙っている馬がひしめいています。

そうした中で、10月最後の記事となる今回は、今年のNHKマイルC以後の3歳G1優勝馬の父から、今年の2歳馬でデビューしていない馬の中から出世の気配が漂う馬について話を進めていこうと思います。

※スズカフェニックス(NHKマイルC優勝馬マイネルホウオウの父)

◇オークス

スズカジェムの2011

スズカフェニックスの母ローズオブスズカの2×3のクロス持ちという血統馬。ローズオブスズカは、1992年の英国ダービー馬ドクターデヴィアスや1997年の高松宮記念優勝馬シンコウキングを兄に持つ馬ですが、母父にアフリートを持つこの馬は、日本におけるローズオブスズカの血統イメージを変える存在になるかもしれません。

◇ダービー

ホッコーソレイユの2011

2008年のデイリー杯2歳S2着馬ホッコータキオンの弟。ホッコータキオンは朝日杯フューチュリティS4着後に故障してしまい、その才能をフルに活かせたとは言い難い存在ですが、2004年の10月デビューから2008年のマイルCSまでの現役29戦において大きな怪我を経験することなかったスズカフェニックスを父に据えたこの馬は、兄が果たせなかったG1制覇を十分に視野に入れられる馬です。

※スズカマンボ(オークス・秋華賞の3歳牝馬二冠馬メイショウマンボの父)

◇オークス

スズカプリティー(スズカフォイルの2011)

今年のかしわ記念や帝王賞など今年のダート重賞で5連勝してきたホッコータルマエを近親に持つ馬。母スズカフォイル自身、キャリア4勝のうちデビュー戦以外の残りの3勝は全てダート戦となっておりますが、スズカフォイルの父フレンチデピュティの種牡馬成績を見ていくと、重賞勝ちのほとんどが芝コースのものであり、ミスタープロスペクターのクロスを持つこの馬は、いろいろな化け方が考えられる1頭です。

◇ダービー

ハイスタンダード(スズカビンテージの2011)

「スズカ」の冠名でお馴染みの永井啓弍氏所有のハイスタンダードは、2代母がサイレンススズカの母ワキアの妹にあたります。まさに”「スズカ」の結晶”とも言える存在で、「スズカ」のG1馬をことごとく管理してきた橋田満調教師の管理馬となっていることが決まっていますが、今年の日本ダービー馬で1998年の桜花賞・秋華賞を制したファレノプシスの弟であるキズナのようにG1制覇を果たせるかどうか、その動向を追っていきたいところです。

※ディープインパクト(日本ダービー馬キズナの父)

◇オークス

サーレムフォレスト(ウッドマンズマジックの2011)

2008年、2009年のアイビスサマーダッシュを連覇したカノヤザクラの妹。カノヤトップレディ以来6年ぶりのウッドマンズマジックからの産駒となったサーレムフォレストは、社台グループの白老ファーム生産馬として初めての子供ということで、どういった育ち方をしていくのか、とても興味深い1頭ですが、母方の血統を見るとSadler's WellsやRibotといったスタミナ色の強い血が入っており、スプリント路線で活躍してきたカノヤザクラとは違う活躍を見せても何ら不思議ではありません。

◇ダービー

オールザチャットの2011

芝1200mのG1で二度の2着があるビービーガルダンの弟。この馬の一つ上の兄は父がシンボリクリスエスで、5戦目に初勝利を挙げたその後の4戦が芳しいものではありませんが、兄の初勝利の距離が1800mということで、3000m以上のG1を2勝しているディープインパクトに父が替われば、さらなる距離延長への対応ができてもおかしくはないと見ています。

※シンボリクリスエス(菊花賞馬エピファネイアの父)

◇オークス

ジャーマノッタ(ノンキの2011)

母の姉は2007年のサマースプリントシリーズ優勝馬のサンアディユ。芝・ダートのマイルG1勝ちのある「母父サンデーサイレンス」との配合ですが、牝馬で重賞勝ちは未だありません。今年の秋の3歳重賞をかっさらっていったエピファネイア、ユールシンギングは「母父スペシャルウィーク」という部分が躍進の大きな要因となったと見られていますが、「母父サンデーサイレンス」のジャーマノッタも「母父スペシャルウィーク」の馬と同じようにNijinskyの血を母方に持っているので、どういった化け方をするのかをちょっと確かめてみたいものです。

◇ダービー

スペシャルウィッチの2011

今年の秋の3歳重賞で活躍を見せたエピファネイア、ユールシンギングでブレイクし始めている”母父スペシャルウィークのシンボリクリスエス産駒の牡馬”。2代母から福島牝馬S優勝のロフティーエイムと今年に入って地方交流の牝馬重賞を4勝しているメーデイアを輩出しているのでローカルタイプのようにも思えますが、先週の「いざクラシックへ!注目の一頭 2014クラシック世代第22週」の中で触れたオーシャンヒーローと同じ競優牧場生産馬ということで、オーシャンヒーローに続く活躍を見せてくるかどうかも注目です。
スポンサーサイト





テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

Road_to_Derby | 22:36:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する