FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

第38回エリザベス女王杯の前哨戦を簡単に回顧
今年の3歳世代の牝馬はメイショウマンボがG1・2勝を含む重賞3勝、デニムアンドルビーがオークス、秋華賞のトライアルレースで重賞2勝馬となっておりますが、今年の古馬牝馬の重賞は全て異なる馬が勝利しており、混戦となっております。最優秀古馬牝馬が誰になるのかは、今回のエリザベス女王杯の結果によるところが非常に大きいですが、この記事では、下半期に行われた古馬牝馬重賞2戦について簡単に振り返っていきます。

※クイーンS

1着・アイムユアーズ(父ファルブラヴ)

2着・スピードリッパー(父ファルブラヴ)

3着・オールザットジャズ(父タニノギムレット)

前年、札幌のクイーンSを勝っていたアイムユアーズが函館で連覇を果たしたクイーンS。このレースは8頭立てで行われましたが、1着から3着までが母方の血の中にサンデーサイレンスが入っており、今年のヴィクトリアマイルで2着、3着に入った馬の母父が共にサンデーサイレンスであったことを考えると、母方にサンデーサイレンスの血があることが今後の牝馬路線を占う意味では重要度が高まりそうです。

ただし、上位2頭はいずれもファルブラヴ産駒であることもさることながら、北海道のレースでは3戦連続連対中で1勝以上していたこともポイント。この時の上位3頭は、その後のレースで一度も3着に入った実績がなく、単純に時計のかかる函館の馬場にフィットしていた可能性が高いのではないかと思われます。

※府中牝馬S

1着・ホエールキャプチャ(父クロフネ)

2着・ドナウブルー(父ディープインパクト)

3着・スイートサルサ(父デュランダル)

前半1200mが1分16秒0で、そこで前後半のラップを分けると「37.9 - 38.1」と完全にスローの流れでしたが、残り600mからのラップ構成は「10.8 - 10.7 - 11.3」と600mのスピードレースになり、今後のレースにどのように繋がってくるのか判断に迷うレースとなりました。上位3頭の実績を見ると1着馬と2着馬は昨年のヴィクトリアマイルの1着、2着と同じ組み合わせであり、3着のスイートサルサもクイーンC2着と前走長岡Sで1分31秒7で勝利した馬であることから、マイルで強い馬が結果を残したレースでしたが、カギとなるのは残り800mから400mにかけてのラップ構成となる「12.2 - 10.8」で、この急激なラップ変動に対応できるか否かに、今後のG1における成否が見え隠れしているように思えて仕方ありません。
スポンサーサイト





テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 20:36:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する