FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

いざクラシックへ!注目の一頭 2014クラシック世代第25週
年末に向けて競馬熱が高まりつつある今日この頃ですが、中央競馬の2歳戦が開催場所によっては1日の半分以上を占めるようになってきており、続々とスター候補が輩出されるようになっています。そこで一歩抜け出すには経験なのか才能なのか、今週の2歳戦はその部分がクローズアップされるような結果になったと思われます。

※東京スポーツ杯2歳S

1着・イスラボニータ(父フジキセキ)

2着・プレイアンドリアル(父デュランダル)

3着・クラリティシチー(父キングカメハメハ)

昨年のコディーノ、一昨年のディープブリランテと、サンデーレーシングの馬が連覇していた東京芝1800mの2歳重賞・東京スポーツ杯2歳Sでしたが、今年は名門・社台レースホース所有馬のイスラボニータが、コディーノが出した2歳のコースレコード・1分46秒0をさらに0秒1詰めるレコード勝ちを収めました。フジキセキ産駒の白老ファーム生産馬というと、3年前のこのレースの勝ち馬で、昨年のマイルCSを優勝しているサダムパテックがいますが、イスラボニータ自身のキャリアで言うと、今回の東京スポーツ杯2歳Sの勝利で東京芝のレースを3戦3勝としており、デビュー戦が6月2日の東京芝1600m戦ということから、そこから364日後のダービー制覇があるかどうかという楽しみはできました。

※11月16日東京芝2000m未勝利戦より、ベルキャニオン

東京スポーツ杯2歳Sと同じ日に行われた東京芝2000mの2歳未勝利戦は2歳のコースレコードが更新されましたが、そこで勝利を収めたベルキャニオンは、昨年このコースの新馬戦で初勝利を挙げ、後に弥生賞を制すことになったカミノタサハラの全弟にあたる馬です。2年前のレパードSを勝ったボレアスから始まった「父ディープインパクト、母クロウキャニオン」の血統馬はベルキャニオンで4頭目にあたり、4頭全ての馬が別々の厩舎に所属している格好となっておりますが、ベルキャニオンを管理しているのは高松宮記念を連覇したキンシャサノキセキや3歳で安田記念を制したリアルインパクト、あるいは2010年の天皇賞【春】を勝利しているジャガーメイルなどを輩出している美浦の堀宣行調教師。芝重賞をメインにバラエティーに富んだ厩舎に入ってどのように育つか注目です。
スポンサーサイト





テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

Road_to_Derby | 21:33:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する