FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2013年の東京競馬場芝2400m・2500m重賞を総ざらい
先週、ジャパンCと有馬記念に向けた展望記事ということで、”2013年の芝2400m・2500m重賞を総ざらい(東京以外)”をアップしましたが、今週はタイトルの通り、今年の東京競馬場で行われた芝2400m及び芝2500mの重賞をラップタイムも踏まえながらおさらいしていきます。昨年の東京芝2400m・G1は3戦全てディープインパクト産駒が勝利を収めましたが、今年はどういった結果となっているのかに目を向けておきたいところです。

※青葉賞(回顧記事・第74回優駿牝馬【オークス】と第80回東京優駿【日本ダービー】の”ヒラメキ”(その一)

1着・ヒラボクディープ(父ディープインパクト)

ラップタイム・12.5 - 11.6 - 12.5 - 12.7 - 12.6 - 12.9 - 12.5 - 12.3 - 11.9 - 11.4 - 11.6 - 11.7

上位3頭が同じ走破時計をマークしていた今年の青葉賞を勝ったヒラボクディープはダービー馬キズナと同じ「父ディープインパクト、母父Storm Cat」という配合馬。2011年から3年続けて「二代父サンデーサイレンス、母の父系ノーザンダンサー」という馬が活躍していますが、2011年と2012年の優勝馬と違って、今年の勝ち馬は上がり3ハロンで最速をマークするどころか、出走馬18頭中8頭が33秒台をマークする中で34秒0の脚しか使っておらず、この辺りがその後の競争成績を大きく左右しているように思われます。

※優駿牝馬【オークス】(回顧記事・たった一つのG1勝ちより… 第74回優駿牝馬【オークス】回顧

1着・メイショウマンボ(父スズカマンボ)

ラップタイム・12.5 - 11.1 - 12.1 - 12.0 - 11.9 - 11.8 - 12.4 - 12.9 - 12.8 - 12.0 - 11.8 - 11.9

冒頭で触れたように、昨年は東京芝2400mのG1レース3戦を全てディープインパクト産駒が勝利していきましたが、今年のオークスは上位3頭の中に2頭ディープインパクト産駒がいたものの、勝利を収めたのは2005年の天皇賞【春】を制したスズカマンボの産駒メイショウマンボでした。オークスでマークされたレース全体の上がり3ハロンは、今年の芝2400m・2500m重賞の中では最も遅いもので、この辺りに非主流の血統を持つメイショウマンボに勝機が巡ってきた面がありそうです。

※東京優駿【日本ダービー】(回顧記事・結束の80代目 第80回東京優駿【日本ダービー】回顧

1着・キズナ(父ディープインパクト)

ラップタイム・12.3 - 10.5 - 12.2 - 12.5 - 12.8 - 11.9 - 12.7 - 12.3 - 11.9 - 11.6 - 11.7 - 11.9

今年の芝2400m重賞では最も速い前半400mの入りでしたが、その後4回にわたって12秒台のラップが刻まれた日本ダービー。阪神競馬場が改修されてから行われた2007年以降の優勝馬は、過去の重賞勝利の中で上がり3ハロン最速をマークした経験がありましたが、今年の勝ち馬であるキズナも多分に漏れず、ダービー前に挙げた重賞2勝はいずれも上がり3ハロン最速をマークし、ダービーでも上がり3ハロン最速で駆けてきました。

このキズナのダービー制覇は、2年連続ディープインパクト産駒による父子ダービー制覇という偉業もさることながら、牡牝混合の東京芝2400m・G1としては3戦連続ディープインパクト産駒の勝利ともなっていますが、”父ステイゴールド、母メジロマックイーン”による2011年、2012年の有馬記念連覇と2012年、2013年の宝塚記念連覇に通じるものがありそうです。

※目黒記念

1着・ムスカテール(父マヤノトップガン)

2着・ルルーシュ(父ゼンノロブロイ)

3着・カフナ(父キングカメハメハ)

ラップタイム・7.6 - 10.9 - 11.0 - 12.2 - 12.3 - 12.2 - 12.1 - 12.0 - 12.0 - 12.1 - 11.8 - 11.5 - 11.9

ダービーの後に行われた伝統の東京芝2500mのハンデG2は、1着から4着まで5歳馬が占めていきましたが、走破時計の2分29秒6は東京芝2500mのコースレコード。この走破時計からも古馬のタレントが豊富であることが窺えるところですが、勝ったムスカテールは前年のアルゼンチン共和国杯2着を皮切りに、日経新春杯2着、日経賞3着とG2で好走を続け、古馬G2としては4戦目となった目黒記念で自身初の重賞制覇を果たしました。春の古馬芝2400m、もしくは芝2500mの重賞の連対馬を見ていくと、父、あるいは父の産駒がグランプリ制覇を成し遂げているようで、自身にもグランプリ制覇のチャンスが巡ってくるのではないかと思えます。

※アルゼンチン共和国杯

1着・アスカクリチャン(父スターリングローズ)

2着・アドマイヤラクティ(父ハーツクライ)

3着・ルルーシュ(父ゼンノロブロイ)

ラップタイム・7.5 - 11.0 - 11.4 - 12.5 - 12.6 - 12.1 - 12.4 - 12.2 - 12.1 - 11.9 - 11.8 - 11.6 - 11.8

有馬記念優勝馬を父に持つ東京芝重賞勝ち馬を2着、3着に従えて勝利を収めたのは、昨年の七夕賞優勝馬で、今年の夏は函館記念3着、札幌記念2着としてきたアスカクリチャンでした。アスカクリチャン自身に関しては、地方競馬出身騎手を乗せて重賞に参戦した時の成績が、今回の勝利を含めて(2-1-2-0)と5戦全て3着以内に入ってくるという孝行息子ぶりを見せていますが、七夕賞勝ち馬でアルゼンチン共和国杯優勝となると、2009年の優勝馬ミヤビランベリがこの形を持つ馬であり、アルゼンチン共和国杯の次走となった有馬記念ではリーチザクラウンのハイペースに付き合ってしまって11着と敗れ去っています。アスカクリチャンもミヤビランベリと同じように非主流の血統馬でおおよそG1で勝負になるとは思えませんが、G1になっても地方競馬出身騎手とのコンビであれば勝負になるのかといった部分も踏まえて、今後も要注意です。

なお、レース全体のラップタイムに関して言えば、入りの500mを除いたその後の2000mにおける200m毎のラップの落差が1秒0と実に平均的な構成となっており、この辺りが非主流のコースで強さを見せてきた連対馬2頭といった趣があります。



◇「競馬思考履歴」更新のお知らせ

今日は、JRAが来年の競馬番組編成の詳細の一部を明らかにしたことについての雑感がメインとなります。ただ、この件に関しては、春の番組表が明らかになった時に改めて当ブログでも取り扱う予定です。

競馬思考履歴
スポンサーサイト





テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 19:39:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する