FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

第14回ジャパンCダートの展望 「”流”の算」
先日行われたジャパンCは3頭の外国馬の参戦がありましたが、その中で5着に入ってきたドゥーナデンが外国調教馬として初めての有馬記念出走を見込んでいます。来年の2014年は、日本中央競馬会の設立から60周年となりますが、その前祝となるような形の外国調教馬による有馬記念出走は、日本競馬の歴史においてどんな意味を持つのか注目です。

一方、今週行われるジャパンCダートは2013年をもって”ジャパンC”の看板を下ろすことになり、阪神ダート1800mのG1もなくなることになりますが、今回は今年の流行語に乗せる形でデータ検証を行っていきます。なお、阪神ダート1800m戦となった2008年以降のものをベースとしていくため、その期間内で3着に入ってこなかった外国馬についてはここでは触れません。

(昨年の展望記事・第13回ジャパンCダート展望 「時と期」

1・じぇじぇじぇ

阪神ダート1800m戦としてのジャパンCダートは今年で6年目となりますが、過去5年の連対馬の組み合わせを見るにあたり、前走・ダートのオープンクラスを勝っている馬とそうではない馬とに分けると、両者共に5頭ずつ来てます。その中で、前走・ダートのオープンクラスを勝っていない馬は、3走以内にダート1800m超のオープンクラスで勝利経験があるか、過去に地方競馬のダート1800m超を走る3歳以上、もしくは4歳以上のG1級レースで連対経験のある馬が来ています。

2・今でしょ

1の項目に近しいデータですが、近3年の連対馬で見ると近2走内に中央競馬でダート重賞を勝っているか、年内のダート重賞で2着馬に1秒0以上の差をつけて勝った馬が来ています。

3・”お・も・て・な・し”

昨年までに5回行われている阪神ダート1800m戦としてのジャパンCダートですが、その優勝馬をG1級レースの勝利の有無で区分すると、G1級レースの勝ち馬が3頭、G1級レースの未勝利馬が2頭となっております。この中で、G1級レースを勝っている優勝馬3頭について見ていくと、過去にダートG1級のレースを年間2勝以上している馬が来ており、シーズン通じて王者足りえた馬にこそ勝機があると言えます。

一方、G1級レースを勝っていない優勝馬2頭については、芝スタートのダート戦を勝ったことがない馬が結果を残す形となっています。

☆昨年の上位3頭

1着・ニホンピロアワーズ(1・2・3に該当)

2着・ワンダーアキュート(1・2に該当)

3着・ホッコータルマエ(2に該当)

昨年は地方のダート重賞で圧倒的な強さを見せてきた2頭によるワンツーとなったジャパンCダート。その中で3着に入った3歳馬のホッコータルマエが、今年に入って”8戦6勝・3着以内率100%・G1級レース3勝”と大きな飛躍を見せてきましたが、昨年のジャパンCダートにおけるホッコータルマエの近2走の成績を見ると、2走前のレパードSでは勝利こそ収めたものの、2着馬に対しタイム差なしの決着。そこから3か月近くのブランクを経た次走のみやこSでは着順こそ3着だったものの、1着のローマンレジェンド、2着のニホンピロアワーズとクビ、クビの僅差の争いを繰り広げており、ダートのトップホースたちと好勝負を演じられているかどうかが、予想における重要なポイントになると見ています。

☆今年の登録馬とデータマッチ

※1に該当

・前走ダートのオープンクラスの勝ち馬

エスポワールシチー、ブライトライン、ベルシャザール、ホッコータルマエ、メーデイア

除外…なし

・3走以内にダート1800m超のオープンクラスで勝利経験がある”前走ダートのオープンクラスの敗戦馬”

クリソライト、ニホンピロアワーズ、ワンダーアキュート

除外…ケイアイレオーネ

・過去に地方競馬のダート1800m超を走る3歳以上、もしくは4歳以上のG1級レースで連対経験のある”前走ダートのオープンクラスの敗戦馬”

ニホンピロアワーズ、ローマンレジェンド、ワンダーアキュート

除外…なし

※2に該当

・近2走内に中央競馬でダート重賞を勝っている馬

ニホンピロアワーズ、ブライトライン、ベルシャザール

除外…ケイアイレオーネ、フリートストリート、ベストウォーリア

・年内のダート重賞で2着馬に1秒0以上の差をつけて勝った馬

クリソライト

除外…なし

※3に該当

・過去にダートG1級のレースを年間2勝以上している馬

エスポワールシチー、ホッコータルマエ

除外…なし

・芝スタートのダート戦を勝ったことがないG1級レース未勝利馬

インカンテーション、ソリタリーキング、ブライトライン

除外…なし

※該当なし

グランドシチー、グレープブランデー、テスタマッタ、ナイスミーチュー

除外…イジゲン、ハートビートソング、ナムラタイタン
スポンサーサイト





テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

レース展望 | 18:05:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する