FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

この先のG1戦線に向けての”注意書き” 第49回金鯱賞回顧
有馬記念前に行われるG2戦は中山で行われたステイヤーズSと共に最後のレースであった金鯱賞。今年も重賞未勝利馬によるワンツーフィニッシュが決まりましたが、昨年と同じように今後のG1に繋がってくるでしょうか。

1着・カレンミロティック(父ハーツクライ)

2着・ラブリーデイ(父キングカメハメハ)

3着・ウインバリアシオン(父ハーツクライ)

(予想記事・119th forecast 「第49回金鯱賞」(◎シャドウバンガード)

ラップタイム・12.8 - 11.0 - 12.1 - 11.7 - 11.7 - 12.0 - 12.2 - 12.2 - 11.5 - 12.4

今年は小倉記念を4コーナー先頭から押し切ってコースレコードを作ったメイショウナルトが逃げの手を打ち、少し離れた2番手に今回の勝ち馬であるカレンミロティックが追走してきました。この2頭は共にハーツクライ産駒の5歳せん馬で、勝ち方を見ても先行押し切りタイプだったのですが、芝2200mで2勝してきたメイショウナルトが結果的に最下位に敗れた一方で、芝1800m戦で4勝していたカレンミロティックが勝利を収めたのが今年の金鯱賞におけるポイントの一つ。上位3頭は全て阪神芝1800mの優勝実績があり、特に勝ったカレンミロティックに関しては2走前に阪神芝1800mのコースレコードを更新していましたが、これが仮に3週間後の有馬記念においても重要視された場合、今年の毎日杯で2着馬に3馬身の差をつけて勝利したダービー馬キズナにとっては非常に大きな追い風になるのではないかと考えられます。

今回の連対馬2頭は共に2000mを超える距離での連対実績がなく、出走馬の中にG1馬が1頭もいなかったため、今後の出世に関しては現時点では大きなことは言えませんが、勝ったカレンミロティックはオルフェーヴル世代、2着のラブリーデイはキズナ世代ということで、この世代間対決が有馬記念における大きな柱になるであろうということは窺えました。

◎・シャドウバンガード(7着)

今回4頭出走していたハーツクライ産駒としては3番目のゴールとなりましたが、勝ったカレンミロティックの母父がA.P.Indy、3着のウインバリアシオンの母父がStorm Birdということで、ハーツクライ産駒は母方がアメリカ志向の強い血統馬の方が出世の可能性が大きいということを改めて思い知らされる結果となりました。また、今回出走のハーツクライ産駒では唯一の4歳馬でしたが、今回のレースで取り立てて存在感を示したレースになったとは言えず、ジェンティルドンナ以外の4歳馬に関してはいつ炸裂するかわからない一発屋傾向が強いのかもしれません。

キルトクール・オーシャンブルー(10着)

昨年は勝ち馬から1秒0差以内の中に10頭いたレースで、その中の先頭に立っていたのがこのオーシャンブルーでしたが、今年は勝ち馬が2着馬に2馬身半の差をつけるレースになる中で、この馬自身は勝ち馬から1秒6も離されて完敗を喫しました。今年に入って一度も掲示板に載らないほどの凋落ぶりを見せており、今後も再起を望むのが難しくなってきていますが、現役の3歳以上のステイゴールド産駒で今年の7月以降で重賞を勝ったのが誰もいない現状を踏まえると、ステイゴールド産駒の時代が終焉を迎えつつある可能性は大いにあります。
スポンサーサイト





テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース) | 18:01:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する