FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

120th forecast 「第14回ジャパンCダート」(◎クリソライト)
今年で最後となるジャパンCダートは1番から6番までに続けて入った6頭を含めて9頭のダートG1ホースが参戦しています。昨年は5歳馬のニホンピロアワーズがダートG1馬の5頭を相手に勝利を収めることになりましたが、今年はダート2000m以上のG1を勝ち上がってきた若手の2頭を高く評価することにしました。

(展望記事・第14回ジャパンCダートの展望 「”流”の算」

(参考まとめ記事・レース参考まとめ「第14回ジャパンCダート」

【データルール1・展望記事で該当していたデータの項目番号を、印の横の「」内に記載、外国馬は「外国馬」と表記】

【データルール2・[レ]のデータにおいて出走馬中3頭以下が該当するものであれば、そのデータに”下線”を、1頭のみのものは”【】”を加える】

1枠1番・ローマンレジェンド(…)「1」

+・父系サンデーサイレンスの馬による東京大賞典制覇は、その後のダートG1でも1勝以上をマーク[自]

-・年内の自国内ダートG1で6着以下になったことがある馬による3着以内入線はなし[レ]、年内2戦以上で中央ダートで連対のない馬による3着以内はなし[レ]

前走みやこSでやっと体重を戻してきましたが、昨年のジャパンCダートの内容を見る限りでは、上位争いを望むのは難しいと見ています。

1枠2番・グレープブランデー(…)「なし」

+・5年連続3着以内入線馬を輩出している”年内の東京ダート戦で勝ち鞍のある馬”[レ]、5年連続3着以内入線馬輩出の”東京ダート1600m重賞の勝ち馬”[レ]

-・2003年以降のフェブラリーSで、その時の勝利がダートG1の勝利数2以下だった馬は過去に5頭おり、ジャパンCダートからの連勝で制したトランセンド以外の4頭はその後のG1で連対なし[自]

フェブラリーSでコンビを組んだ浜中俊騎手ではなくミルコ・デムーロ騎手とのコンビというのは決して評価を上げる材料にはならず、フェブラリーS後に故障休養があったことを踏まえても、力量不足の感が否めません。

2枠3番・メーデイア(…)「1・3」

+・3年連続優勝馬輩出の”父系の血統で5代内にNearcticの血を持つ馬”[レ]

-・南関東以外のJBCレース連対馬による連対はなし[レ]、年内の中央競馬の重賞で3着以内に入ったことがない馬による2008年以降の3着以内入線は2010年3着のアドマイヤスバル1頭のみ[レ]

先週のジャパンCでは牝馬のワンツーが決まりましたが、ダートに関しては牝馬が牡馬相手に強い競馬をするのは稀であり、今回のレースで大仕事を望むのは酷と見ています。

2枠4番・エスポワールシチー(…)「1・3」

+・5年連続3着以内入線馬輩出の”東京ダート1600m重賞の勝ち馬”[レ]

-・南関東以外のJBCレース連対馬による連対はなし[レ]

今年2月のフェブラリーSで久々に中央ダート戦線で存在感を示しましたが、現状ではマイルを超える距離での活躍を見込むのは難しくなっていますし、フェブラリーSの時と比べて世代交代の波が激しくなっているのを踏まえると、積極的には狙いづらい馬です。

3枠5番・クリソライト(◎)「1・2」

+・当年のダート1800m超の重賞連対馬は過去5年いずれも2頭以上3着以内入線[レ]

-・年内の中央競馬の重賞で3着以内に入ったことがない馬による2008年以降の3着以内入線は2010年3着のアドマイヤスバル1頭のみ[レ]、地方競馬出身騎手とのコンビでジャパンダートダービーを優勝した馬は、3歳時に重賞連対なし[自]

父ゴールドアリュールは初の古馬混合G1となったジャパンCダートで5着に敗れましたが、次走東京大賞典ではきっちり古馬相手に勝利を収め、その年の最優秀ダートホースに選出されました。父と同じようなキャリアを積んでいるこの馬もまだまだ成長が見込める存在であり、古馬との斤量差2kgを生かして上位争いをしてくる可能性は大いにあります。

3枠6番・ホッコータルマエ(○)「1・3」

+・当年のダート1800m超の重賞連対馬は過去5年いずれも2頭以上3着以内入線[レ]

-・南関東以外のJBCレース連対馬による連対はなし[レ]

今年のダート路線で最も大きな飛躍を遂げた馬。今回との繋がりとして重く見たいのは今回と同じコースのアンタレスSと帝王賞で、昨年の勝ち馬であるニホンピロアワーズとの上下関係を逆転したのが、今回のレースでよりはっきりと示されると見ています。

4枠7番・ブライトライン(△)「1・2・3」

+・5年連続3着以内入線馬を輩出している”年内の東京ダート戦で勝ち鞍のある馬”[レ]

-・年内に北海道のレースを使っている馬による連対は2008年以降では2008年2着のメイショウトウコン1頭のみ[レ]

前走のみやこSが自身のダート戦のキャリアで最長距離のレースというのが懸念材料ですが、芝でも重賞を勝てたスピード能力に関しては、間違いなく今後のダートG1で役立つものと見ており、初のダートG1である今回も上位争いの可能性を十分に有していると考えています。

4枠8番・ワンダーアキュート(…)「1」

+・3年連続優勝馬輩出の”父系の血統で5代内にNearcticの血を持つ馬”[レ]、当年のダート1800m超の重賞連対馬は過去5年いずれも2頭以上3着以内入線[レ]、5年連続3着以内入線馬輩出の”東京ダート1600m重賞の勝ち馬”[レ]

-・年内2戦以上で中央ダートで連対のない馬による3着以内はなし[レ]、南関東以外のJBCレース連対馬による連対はなし[レ]

阪神のジャパンCダートでは芳しい成績を残していない武豊騎手が騎乗というのが懸念材料。対ホッコータルマエをクローズアップしてみても、世代交代の波に抗える雰囲気はありません。

5枠9番・ナイスミーチュー(…)「1」

+・当年のダート1800m超の重賞連対馬は過去5年いずれも2頭以上3着以内入線[レ]

-・G2以上未勝利で、前走4着以下の馬による3着以内入線なし[レ]

今年の唯一の勝ち鞍がダート2000mのオープン特別の時点でスピード不足は明白です。

5枠10番・パンツオンファイア(キルトクール)「外国馬」

+・前走6着以下からの次走成績(4-0-1-0)[自]

-・年内の自国内ダートG1で6着以下になったことがある馬による3着以内入線はなし[レ]

ダートの国際招待レースとしての看板と共に消えるジャパンCダートにやってきた今回唯一の外国馬。3歳の時に今年のブリーダーズカップ・クラシックの勝ち馬であるMucho Macho Manに勝ったことがある馬ですが、左回りが基本のアメリカ競馬からの参戦もさることながら、多頭数の競馬に対する不安が非常に大きいです。今後日本のダート重賞に外国馬が来るかどうかわかりませんが、今年で最後となるジャパンCダートにおける最もふさわしいキルトクール指名馬はこの馬ではないかと見ています。

6枠11番・ソリタリーキング(…)「3」

+・当年のダート1800m超の重賞連対馬は過去5年いずれも2頭以上3着以内入線[レ]

-・年内の中央競馬の重賞で3着以内に入ったことがない馬による2008年以降の3着以内入線は2010年3着のアドマイヤスバル1頭のみ[レ]

6年前、東京競馬場で行われた最後のジャパンCダートを制したヴァーミリアンの弟にあたる馬で、自身3度目のジャパンCダート参戦ですが、2走前の日本テレビ盃以外の年内のダート重賞で3着以内に来たのが2000m以上のレースということで、こちらもスピードでは見劣りします。

6枠12番・ベルシャザール(…)「1・2」

+・5年連続3着以内入線馬を輩出している”年内の東京ダート戦で勝ち鞍のある馬”[レ]、5年連続3着以内入線馬輩出の”東京ダート1600m重賞の勝ち馬”[レ]

-・【年内の中央競馬のダート戦で2000m以上のレースを勝ち上がっている馬による3着以内入線はなし[レ]

今年から走り始めているダート戦で勝っているレースが全て左回りのレースというのが懸念材料。血統的にG1を勝てるタイプとは思えず、使い詰めのローテーションも決して印象は良くありません。

7枠13番・グランドシチー(…)「なし」

+・前走に続いて右回りダート1800m戦出走した時の成績(2-1-0-1)[自]

-・年内に北海道のレースを使っている馬による連対は2008年以降では2008年2着のメイショウトウコン1頭のみ[レ]、G2以上未勝利で、前走4着以下の馬による3着以内入線なし[レ]

中山ダート1800m戦以外は至って平凡なオープン馬で、今回のレースで上位争いを見込むのは酷です。

7枠14番・ニホンピロアワーズ(…)「1・2」

+・3年連続優勝馬輩出の”父系の血統で5代内にNearcticの血を持つ馬”[レ]、当年のダート1800m超の重賞連対馬は過去5年いずれも2頭以上3着以内入線[レ]、5年連続連対馬輩出の”年内の1600m以上のレースにおいて斤量57kg超を背負った馬”[レ]

-・1997年以降の帝王賞2着馬で、年内のダート1600m超のG1級レースに出走した馬は延べ10頭おり、いずれも連対なし[自]

前走帝王賞から5か月近くのブランクに加えて、その中間もアクシデントに遭って必ずしも盤石の態勢で臨んでいるわけではない今回のレース。実力的には現役中央ダートホースとしては二番手ですが、昨年の3着馬ホッコータルマエに力関係を逆転された現状を踏まえると、今回のレースで上位争いをするのは存外難しいと睨んでいます。

8枠15番・インカンテーション(…)「3」

+・【3年連続優勝馬輩出の”過去にコーナー4つ以上のダートコースオンリーの重賞勝ちのある、みやこS連対馬”[レ]】

-・【ダートG1初参戦の3歳馬による3着以内入線は2008年以降ではなし[レ]】

3走前のレパードSでは2着馬に0秒4差をつけて圧勝しましたが、メンバー唯一の初G1出走馬という重荷はさすがに厳しいと見ています。

8枠16番・テスタマッタ(…)「なし」

+・5年連続3着以内入線馬輩出の”東京ダート1600m重賞の勝ち馬”[レ]

-・年内の自国内ダートG1で6着以下になったことがある馬による3着以内入線はなし[レ]、年内の中央競馬の重賞で3着以内に入ったことがない馬による2008年以降の3着以内入線は2010年3着のアドマイヤスバル1頭のみ[レ]

現状では短距離重賞で活躍する程度で、力不足が否めません。



複勝

クリソライト

馬単

ホッコータルマエ→クリソライト

三連複

ホッコータルマエ-クリソライト-ブライトライン

☆勝負のワンツースリー

ホッコータルマエ→クリソライト→ブライトライン
スポンサーサイト





テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

レース予想(2013年以前) | 21:55:30 | トラックバック(1) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

今週のメイン~ジャパンカップダート
 昨日の更新分で書いたとおり、土曜日はインフルエンザの予防接種を受けた後、中京競馬場に出かけて参りました。  今年は中京競馬場開設60周年ということで中京競馬場の「思い出のベストホース大賞」をファン投票で決定したのですが、その大賞に選ばれたサイレンススズカの栄誉をたたえた「サイレンススズカメモリアルデー」ということで数々のイベントが行われていたのです。  その一つ、記念モニュメントが除幕...
2013-12-01 Sun 08:36:37 | 龍ぱぱログ