FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

第65回朝日杯フューチュリティS展望 「”日”の算」
昨年はたった3頭しかいなかった母父サンデーサイレンスの馬で上位独占となった朝日杯フューチュリティSですが、今年の母父サンデーサイレンスの登録馬は2頭しかおらず、そのうちの1頭は賞金上位馬の回避による抽選を潜り抜ける必要があるということで、今回の展望では単純に実績重視のデータ検証を行うことにしました。

なお、地方所属馬であるプレイアンドリアルについてはここでは触れません。

(昨年の展望記事・第64回朝日杯フューチュリティS展望 「臨と望」

1・東西サンデー

6日目開催となった2008年以降では母父サンデーサイレンスの馬が5連勝していますが、冒頭でも触れたように今年は出走を確実にしているのが1頭しかいないため、優勝馬を東西の所属別で見ると、関西馬が3頭、関東馬が2頭となっています。その実績を詳しく見ていくと、関西馬3頭はいずれも北海道以外の東日本の競馬場で勝利経験があったのに対し、関東馬2頭については左回りの芝1600m戦の1勝馬クラスのレースを勝ち上がってきていました。

2・重賞万歳

朝日杯の前に行われる中央競馬の2歳重賞は先週の阪神ジュベナイルフィリーズを含めて全部で10個ありますが、朝日杯フューチュリティSに改称された2001年以降では2001年を除いた全ての年において、前走・重賞勝ちを果たした馬が必ず1頭以上3着以内に入ってきていました。

3・目覚める才覚

6日目開催となった2008年以降では、朝日杯がマイル戦初めてという馬が必ず3着以内に1頭は来ています。そんな彼らの実績を見ると、全ての馬が重賞3着以内入線の経験がありました。

☆昨年の上位3頭

1着・ロゴタイプ(1に該当)

2着・コディーノ(2・3に該当)

3着・ゴットフリート(1に該当)

今年で中山芝1600m戦として行われる朝日杯フューチュリティSは最後となりますが、通説として中山芝1600mは外枠不利とされています。しかし、昨年勝利したロゴタイプは14番枠と外から3頭目のスタートでありながら、断然の1番人気馬で5番枠という不利の少ないスタート位置だったコディーノとの競り合いをクビ差制し、レースレコードタイで走破しました。

後に皐月賞でもロゴタイプがコディーノを退けて中山芝2000mのコースレコードを樹立し、朝日杯で示された力関係に偽りがないことを証明しましたが、朝日杯までの臨戦過程を見るとロゴタイプは朝日杯の前に東京芝1600mで2歳のコースレコードを更新していたのに対し、コディーノは芝1800m重賞を連勝する形で挑んでいました。今年の芝1600m・G1は芝1600m戦でめざましい成績を残していなくとも好成績を残す馬が多かったですが、どちらのタイプに有利に働くかというのが今回の予想の肝になっていくかもしれません。

☆今年の登録馬とデータマッチ

※1に該当

・北海道以外の東日本の競馬場で勝利経験がある関西馬

エルカミーノレアル

除外…ウインエフォート

・左回りの芝1600m戦の1勝馬クラスのレースを勝ち上がっている関東馬

ショウナンワダチ

除外…なし

(参考・母父サンデーサイレンス…ショウナンアチーヴ、ネオヴァロン【除外】)

※2に該当

・前走重賞勝ち馬

ベルカント

除外…なし

※3に該当

・重賞で3着以内に入ってきた経験のある芝1600m戦未経験馬

ベルカント

除外…ハイアーレート

※該当なし

アジアエクスプレス、アトム、アポロスターズ、ウインフルブルーム、ショウナンアチーヴ、ダイチトゥルース、ツィンクルソード、テイエムキュウコー、ニシノデンジャラス、マイネディアベル、マキャヴィティ、メイショウイチオシ

除外…アルバート、オーシャンヒーロー、キーンソード、グリサージュ、ゲットアテープ、サトノロブロイ、セセリ、タガノグランパ、トーセンシルエット、トシストロング、ネオヴァロン、ピークトラム、ミッキーアイル、モーリス、ルミリズム

◇「競馬思考履歴」更新のお知らせ

今回は香港国際競争に対する雑感とキズナの有馬記念回避から馳せた思いについての記述がメインになります。今年の朝日杯、有馬記念の狙おうとしている馬についても少し書いています。

競馬思考履歴
スポンサーサイト





テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

レース展望 | 22:18:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する