■プロフィール

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2014年・一の予想 「第63回中山金杯」(◎サクラアルディート)
明日からいよいよ2014年の中央競馬が始動します。その最初の重賞である中山金杯を昨年と同様に予想していきますが、ここ2年続けて金杯がキルトクール初めであるのと同時に”ドンガバチョ初め”となっており、3年連続”ドンガバチョ初め”となるのかどうかも注目です。



◎・サクラアルディート

+・6年連続3着以内入線馬を輩出している「芝2400m・G1勝ち馬の父を持つ”芝1800m、あるいは芝2000mのオープン連対馬”」[レ]、6年連続3着以内入線馬を輩出している「両親または自身の血統が”父サンデーサイレンス、母の父系ノーザンダンサー”で、なおかつ自身がノーザンダンサーのクロス持ち」[レ]、芝2000m(2-1-0-0)[自]

-・重賞で連対経験のない関西馬による3着以内入線は、2004年1着のアサカディフィート以来なし[レ]

兄は中山記念のレコード勝ちなど、中山では(1-3-0-0)と連対率100%だったサクラプレジデント。この馬自身は前走で初めて中山競馬場のレースを使って残念ながら3着以内に入ってこられませんでしたが、ディセンバーSからの巻き返しも中山金杯の名物的なところもあるので、その辺りを考慮しての本命です。

○・ディサイファ

+・4年連続3着以内入線馬を輩出している「前年下半期に準オープンを勝ち上がっている馬」[レ]、6年連続3着以内入線馬を輩出している「両親または自身の血統が”父サンデーサイレンス、母の父系ノーザンダンサー”で、なおかつ自身がノーザンダンサーのクロス持ち」[レ]

-・前走G1以外の重賞で4着以下だった馬による連対は2006年1着のヴィータローザ、同年2着のアサカディフィート以来なし[レ]

昨年の福島記念からハンデG3を5戦連続して2着に入ったアドマイヤタイシを兄に持つ血統馬。福島記念4着からのローテーションに若干の不安を覚えますが、出世馬が多い秋の東京芝の準オープン勝ち馬であることを考えても、実力的には今回の優勝候補の1頭として数えられます。

▲・オーシャンブルー

+・6年連続3着以内入線馬を輩出している「芝2400m・G1勝ち馬の父を持つ”芝1800m、あるいは芝2000mのオープン連対馬”」[レ]、右回り芝2000m(3-0-0-0)[自]

-・前走G1以外で二桁着順だった馬による連対は2001年2着のクラフトマンシップ以来なし[レ]、前走G1以外の重賞で4着以下だった馬による連対は2006年1着のヴィータローザ、同年2着のアサカディフィート以来なし[レ]

昨年は4戦して一度も掲示板に載れませんでしたが、2012年の金鯱賞制覇とそれに続いての有馬記念2着という実績はこの中では突出して優秀なもの。昨年末に猛威を振るった外国人騎手起用ということも踏まえると、十分に優勝を狙える馬です。

△・ミッキーパンプキン

+・6年連続3着以内入線馬を輩出している「両親または自身の血統が”父サンデーサイレンス、母の父系ノーザンダンサー”で、なおかつ自身がノーザンダンサーのクロス持ち」[レ]

-・重賞で連対経験のない関西馬による3着以内入線は、2004年1着のアサカディフィート以来なし[レ]

昨年はダンスインザダーク産駒、一昨年はダンスパートナーの子供が勝利している中山金杯。この馬はダンスインザダーク産駒であると共に、母父がディープインパクトと同じAlzaoということで、中山の冬馬場にはマッチしてきそうな雰囲気があります。

キルトクール・カルドブレッサ

+・4年連続3着以内入線馬を輩出している「前年下半期に準オープンを勝ち上がっている馬」[レ]、6年連続3着以内入線馬を輩出している「両親または自身の血統が”父サンデーサイレンス、母の父系ノーザンダンサー”で、なおかつ自身がノーザンダンサーのクロス持ち」[レ]

-・重賞で連対経験のない関西馬による3着以内入線は、2004年1着のアサカディフィート以来なし[レ]、前走G1以外の重賞で4着以下だった馬による連対は2006年1着のヴィータローザ、同年2着のアサカディフィート以来なし[レ]

2014年の「キルトクール初め」は、2年前の中山金杯2着馬と同じジャングルポケット産駒を指名。2000m実績が芳しくないことも踏まえてのキルトクールです。



単勝

サクラアルディート

オーシャンブルー

複勝

ミッキーパンプキン

馬連(ながし)

(軸)ディサイファ

(ながし)サクラアルディート、オーシャンブルー

ワイド(ボックス)

サクラアルディート、ディサイファ、ミッキーパンプキン

三連単

オーシャンブルー→ディサイファ→ミッキーパンプキン

☆勝負のワンツースリー

サクラアルディート→ディサイファ→ミッキーパンプキン



◇「競馬思考履歴」更新のお知らせ

2014年の競馬予想所信表明みたいなものを行いました。

競馬思考履歴
スポンサーサイト


テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

2014年のレース予想 | 21:34:12 | トラックバック(1) | コメント(2)
コメント
まつり駿楽さん、あけましておめでとうございます。
年末のG1予想〜ダービーロード展望も楽しく読ませて頂きました!年末にここまでステラウインドを語るブロガーさんはまつりさんだけだと思いますよっ。金杯、当てたいですね〜では今年もよろしくお願いいたします。
2014-01-05 日 08:23:14 | URL | ミシエロ [編集]
No title
>ミシエロさん

遅ればせながら、新年おめでとうございます。

今年の金杯予想も、ものの見事に「ドンガバチョ初め」になりましたが、オーシャンブルーの単勝が当たって、いくらかホッとしています。

2014年最初の”追跡”にステラウインドを語ったのは、ゼンノロブロイ産駒ブームが来るのか来ないのかというのも含めた上でやったつもりですが、福寿草特別を勝ったゼンノロブロイ産駒のサトノロブロイは、当ブログでダービー馬候補としたトーセンスターダムが勝った京都2歳Sの3着馬で、この馬がどういった存在になるのかも気になりますね。幸先の良い(?)スタートになりましたが、今年もよろしくお願いいたします。
2014-01-05 日 17:23:20 | URL | まつり駿楽 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

今週のメイン~中山金杯、京都金杯
 毎年年始の競馬はカレンダーの都合で何らかの変則開催になるのですが、今年は日曜日の5日に1日目、そして平日となる月曜日に2日目という開催日程となりました。  以前に同じようなカレンダーになった時には第1週は日曜日のみ、第2週に祝日となる成人の日を含めた3日間開催だったような記憶があるのですが、近年は開催日程が不規則になってきているのでわかりづらいですねぇ。  さて、年始といえば東西で...
2014-01-05 Sun 12:01:57 | 龍ぱぱログ

FC2Ad