FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2014年のレース予想・九の予想 「第44回高松宮記念」(◎ストレイトガール)
春らしい陽気な気候に恵まれた土曜日の開催とは一変して、”春の嵐”に見舞われている高松宮記念当日の中京競馬場。戦国時代における大番狂わせの一つされている”桶狭間の合戦”は雨に紛れてのものとされ、リニューアルされる前の中京競馬場にも”桶狭間ポイント”とされる勝負どころがありましたが、群雄割拠の戦国スプリント路線にひとまずの王者に君臨するのは、昨年の夏からとんとん拍子に出世を果たしてきた5歳牝馬です。

(展望記事・第44回高松宮記念展望 「”改”の算」

(参考まとめ記事・レース参考まとめ「第44回高松宮記念」

【データルール1・展望記事で該当していたデータの項目番号を、印の横の「」内に記載、3のデータは”6月から8月までの期間に本州の芝1200m戦を勝ち上がっている馬”のみを対象】

【データルール2・[レ]のデータにおいて出走馬中3頭以下が該当するものであれば、そのデータに”下線”を、1頭のみのものは”【】”を加える】

◎・ストレイトガール(なし)

+・【リニューアル後2年連続優勝馬輩出の”前年の北海道芝1200m重賞連対馬”[レ]】

-・G1未勝利の牝馬による連対はなし[レ]

人馬共に勢いでは随一の存在。馬場が重くなってきていた昨年の函館競馬場で連勝してきた実績も生きてきそうです。

○・リアルインパクト(1・2)

+・【リニューアル後2年連続連対馬輩出の”前年12月の重賞勝ち馬”[レ]】、6年連続優勝馬輩出の”キャリア初のG1で3着以内に来た馬”[レ]

-・前走4着以下の牡馬による連対は2008年2着のキンシャサノキセキ以来なし[レ]

今回のメンバーで唯一のG1ホース。昨年の優勝馬ロードカナロアはここから安田記念を制していきましたが、3年前の安田記念優勝馬が近年の短距離路線でカギとなっている芝1400m重賞を制し、スプリント路線で二度目のG1制覇が現実味を帯びてきた感じです。

▲・レッドオーヴァル(1)

+・【芝1400m重賞となった2006年以降の阪急杯3着馬の父にサンデーサイレンスの血がある馬による、当年の高松宮記念(2-0-0-0)[レ]】、6年連続優勝馬輩出の”キャリア初のG1で3着以内に来た馬”[レ]

-・G1未勝利の牝馬による連対はなし[レ]、2000年に3月開催となってから4歳馬の優勝は2002年のショウナンカンプのみ[レ]、古馬混合オープンクラスの勝ち鞍のない馬による3着以内馬は2009年3着のソルジャーズソング以来なし[レ]

対抗に推したリアルインパクトが安田記念を勝った時の2着馬がこの馬の兄で2012年の安田記念優勝馬ストロングリターン。この馬自身は中京競馬場芝1400mの2歳レコードホルダーとなったことがあり、こちらも高松宮記念に向いてきそうな一頭です。

△・スマートオリオン(なし)

+・【リニューアル後2年連続3着馬輩出の”芝1200m重賞勝ちのある4歳馬”[レ]】

-・2000年に3月開催となってから4歳馬の優勝は2002年のショウナンカンプのみ[レ]、年内2戦以上使っている馬による連対は2009年優勝馬ローレルゲレイロ以来なし[レ]

有利とされる外枠発走の馬から高評価としたのは、昨年8月暮れから芝1200m戦に専念し、(5-3-0-0)としているこの馬。この馬も馬場が極端に重くなった昨年の函館競馬場で連勝実績を持っており、好走のチャンスは十分に有していると見ています。

キルトクール・レディオブオペラ(なし)

+・2000年代の高松宮記念における重賞未勝利馬による3着以内入線馬は5頭おり、いずれも”芝1200m・G1初挑戦、かつ半年以内に勝利経験がある馬”[レ]

-・G1未勝利の牝馬による連対はなし[レ]、2000年に3月開催となってから4歳馬の優勝は2002年のショウナンカンプのみ[レ]、年内2戦以上使っている馬による連対は2009年優勝馬ローレルゲレイロ以来なし[レ]

京都芝1200mで(4-1-0-0)としたこの4歳牝馬の最初の勝利は、極悪馬場となった昨年9月1日の函館芝1200m戦。今年は日本馬が2勝したドバイワールドカップデーを主催しているシェイク・モハメド氏所有馬で、ちょっとした”恩返し”にも期待がかかりますが、先行激化の展開に加えて、前走で大幅に体重を減らしたことも懸念材料で、今回のキルトクールに指名します。



複勝

リアルインパクト

馬連・ワイド(ながし)

(軸)ストレイトガール

(相手)リアルインパクト、レッドオーヴァル

ワイド

ストレイトガール-スマートオリオン

リアルインパクト-レッドオーヴァル

三連単

リアルインパクト→レッドオーヴァル→ストレイトガール

☆勝負のワンツースリー

ストレイトガール→リアルインパクト→スマートオリオン



◇「競馬思考履歴」更新のお知らせ

昨日の中山競馬場での観戦について記載。負けても勝負に対する意思を感じる戦いには拍手を送りたくなりました。

競馬思考履歴
スポンサーサイト





テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

2014年のレース予想 | 11:49:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する