FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

いざクラシックへ!注目の一頭 2014クラシック世代第43週
先週で3歳の新馬戦が終わり、いよいよクラシック本番まで一か月を切っていますが、今週の毎日杯でクラシック本番前の週に行われる3歳重賞は終いとなりました。2014年クラシック世代における”注目の一頭”のコーナーも今回でラストとしますが、その今回は毎日杯の回顧をきっちりと行っていきます。

※毎日杯

1着・マイネルフロスト(父ブラックタイド)

2着・エイシンブルズアイ(父Belgravia)

3着・ステファノス(父ディープインパクト)

ラスト3ハロンが「11.9 - 10.7 - 12.4」と急激なラップのアップダウンが発生した今年の毎日杯。外を走っていたラングレーのスパートに呼応してステファノスも俊敏に反応し、そこから激流となったのが如実に表れていますが、上位2頭はいずれも内で脚を溜める競馬をしており、勝ったマイネルフロストは直線半ばまで動く様子はありませんでした。昨年6月の東京芝1800m戦でデビュー勝ちを収め、後の2歳女王であるレッドリヴェールが勝利した札幌2歳Sで1番人気に推されるなど、その素質の高さは今回のメンバーの中でも引けを取らなかったという趣もありますが、勝ちタイムの1分46秒7は現行の芝1800m戦となってからでは3番目に速い時計となかなか優秀。過去に2回あった1分46秒台の決着では、優勝馬が2回共、ダービー制覇を果たしていることから、マイネルフロストにもダービー好走のチャンスは十分あります。

ただ、過去にダービー制覇に漕ぎ着けた1分46秒台で走破して勝利した2頭はいずれも2着馬に対して2馬身以上の差をつけていましたが、今回マイネルフロストがエイシンブルズアイにつけた差はわずかにハナである上、7着のピークトラムまでが0秒3差の中に収まっている拮抗したレースになりました。また、マイネルフロストの父はディープインパクトの全兄であるブラックタイドということで、単純な血統論で言えば昨年のオークス馬であるメイショウマンボと同じ母父グラスワンダーと合わせてクラシック有力候補にあげられますが、ブラックタイド自身はクラシックはおろかG1勝利自体がないので、今回のレースが限界という可能性も大いに考えられるところです。
スポンサーサイト





テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

Road_to_Derby | 21:47:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する