FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

第149回天皇賞【春】展望 「”名”の算」
天皇賞【春】について、必ずと言って良いほどこのブログで触れることですが、天皇賞【春】というレースはJRAで行われる最も長い距離を走るレースである一方で、その上位馬を振り返ってみるとクラシックディスタンスで強さを見せた馬、それこそ2000mで強い競馬を見せてきた馬が活躍していることから、”真の中距離王決定戦”という見方をしています。今年は昨年に続いてドバイワールドカップからの参戦となった外国馬レッドカドーを含めて5頭のG1馬が集結していますが、その中で頭一つ抜け出す実績はどのようなものか、検証していきます。

(展望記事・第147回天皇賞(春)展望 「”王”の算」

1・盾を求めて”3000m以上”

菊花賞優勝馬による勝利が2006年のディープインパクト以来果たされていない天皇賞【春】ですが、近5年では3着以内に必ず1頭はいるのが、過去に芝3000m以上のG1で3着以内入線の経験を持つ馬。2012年の優勝馬であるビートブラック以外の該当馬に関しては、全てG2以上の重賞勝ちがあります。

2・ステイヤーの冒険

オルフェーヴルが大惨敗を喫した2012年の天皇賞【春】では前走勝ち馬が1頭も3着以内に入ってこなかったのですが、21世紀で見れば、それ以外の年では必ず1頭は前走勝ち馬が3着以内に来ています。2006年以降は基本的に前走G2を勝ってきた馬が良い結果を残していますが、2012年に関しては前走G2勝ち馬がオルフェーヴル逸走の阪神大賞典を勝ったギュスターヴクライ1頭のみで、他の年に関しては2008年以外は前走G2勝ち馬が複数出走しているレースでした。

とはいえ、2008年にしても、年内のG2勝ち馬ということで言えば前走阪神大賞典勝ちのアドマイヤジュピタの他に、3走前の日経新春杯で年内のG2勝ちを収めていたアドマイヤモナークがいたレース。年内のG2勝ち馬自体がギュスターヴクライ1頭しかいなかった2012年に関して言うと、1年以内に芝2400m、もしくは芝2500mのG2以上の重賞で連対した経験を持っていた馬が上位独占を果たしており、1のデータと同じように長距離を走れるだけの下地が求められています。

3・ダービー一家物語

かつてクラシック、春秋の天皇賞、有馬記念を「八大競争」として日本最高峰のビッグレースとして立てていた時代がありましたが、2006年にディープインパクトが優勝して以来、自身または父が日本ダービー馬による連対を必ず1頭は果たすようになってきました。

☆昨年の上位3頭

1着・フェノーメノ(2に該当)

2着・トーセンラー(1・2・3に該当)

3着・レッドカドー(1・2に該当)

マイネルキッツが初重賞制覇として天皇賞【春】を制した2009年以降、3000m以上のレースで勝利していることが必ずしもプラスとは言えなくなっていますが、昨年に関して言えば、とうとう菊花賞を走らなかった4歳馬が勝利する事態に至りました。該当していた柱となるデータは2のみであったフェノーメノでしたが、2のデータの中には次の”今年の登録馬とデータマッチ”で紹介する3つの細かいポイントがあり、それについては全て該当していたので、近走好調で格もしっかりと備わっている”中距離馬”を上位評価とするのが肝要ではなかろうかと見ています。

☆今年の登録馬とデータマッチ

※1に該当

・芝3000m以上のG1で3着以内に来たことがある馬(G2以上の勝ち鞍がある馬は馬名に下線

ウインバリアシオンゴールドシップサトノノブレスジャガーメイルフェノーメノレッドカドー

(除外)バンデ

※2に該当

・前走G2勝ち馬

ウインバリアシオン、キズナ、ゴールドシップ、デスペラード

(除外)なし

・年内G2勝ち馬

ウインバリアシオン、キズナ、ゴールドシップ、サトノノブレス、デスペラード

(除外)なし

・1年以内に芝2400m、もしくは芝2500mのG1、あるいはG2で連対経験を持つ馬

アスカクリチャン、アドマイヤフライト、アドマイヤラクティ、ウインバリアシオン、キズナ、サトノノブレス、ヒットザターゲット、ホッコーブレーヴ

(除外)なし

※3に該当

・父親が日本ダービー馬

キズナ、サトノノブレス、ジャガーメイル、デスペラード、ヒットザターゲット、ラストインパクト

(除外)なし

・自身が日本ダービー馬

キズナ

(除外)なし

※該当なし

オーシャンブルー、サイレントメロディ、タニノエポレット、フェイムゲーム

(除外)サイモントルナーレ、タマモベストプレイ
スポンサーサイト





テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

レース展望 | 18:35:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する