■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2014年・十八の予想 「第64回安田記念」(◎エキストラエンド)
16年前にタイキシャトルが勝利した時と同様の不良馬場が予想される今年の安田記念。タイキシャトルは不良馬場の安田記念制覇をステップにフランスのマイルG1・ジャックルマロワ賞を制しましたが、今年1番人気に支持されそうなジャスタウェイは前走ドバイデューティーフリーで後続をちぎり捨てる走りを披露し、海外への関わりに時代の移り変わりを感じさせます。そういった中で今回の予想は、勢いのある東京G1勝ち馬を尊重しつつ、今年のG1の流れや競走馬としての”天邪鬼な部分”を重視した形となりました。

なお、今回からフォーメーションで三連単の狙いを出していく中で”ダブり”が発生したもの、あるいはその中で”ダブり”と同等の狙い目については、「強気の三連単」ということでピックアップし、「勝負のワンツースリー」は三連単の中で断然の狙い目と評した時にピックアップする形を取ります。

(展望記事・第64回安田記念展望 「”固”の算」

(参考まとめ記事・レース参考まとめ「第64回安田記念」

【データルール1・展望記事で該当していたデータの項目番号を、印の横の「」内に記載】

【データルール2・[レ]のデータにおいて出走馬中3頭以下が該当するものであれば、そのデータに”下線”を、1頭のみのものは”【】”を加える】

◎・エキストラエンド「1」

+・【4年連続連対馬輩出の”年内の関西芝外回り重賞で3着以下に敗れた馬”[レ]】、5年連続3着以内入線の「父が日本ダービー馬」の年内芝1600m戦勝ち馬[レ]、6年連続3着以内入線馬を輩出している”年内の関西重賞で3着以下に敗れている馬”[レ]

-・1年以内に京都芝重賞を勝ち上がっている連対馬は、2006年のマイルCS優勝馬で、2007年の1着馬となったダイワメジャー以来なし[レ]

才能を持て余す傾向にあるカーリングの子供たちですが、その分格上のレースでも好勝負は必至という血統でもあり、データ的に追い風が強い今回のレースにおいても互角以上の走りを披露する可能性は極めて高いです。

○・クラレント「なし」

+・2000m未満かつ古馬混合の東京芝重賞(3-1-2-0)[自]

-・1年以内に芝1600m超の重賞勝ちがある馬による連対は、2009年優勝のウオッカ、同年2着のディープスカイ以来なし[レ]

今年のG1におけるメインテーマの一つである”連続性”にピタリと来る馬。古馬になってからのジャスタウェイとの直接対決では過去2戦いずれも3着以内に入り、そのうちの1回はレースの勝利を収めているので、堂々たる優勝候補の一頭です。

▲・ホエールキャプチャ「3」

+・3年連続優勝馬輩出の”父が東京G1優勝馬で、前走左回りのレース出走馬”[レ]、3年連続連対馬輩出の”年内または前年の左回りのG1・G2で勝利を収めている馬”[レ]

-・1年以内に芝1600m超の重賞勝ちがある馬による連対は、2009年優勝のウオッカ、同年2着のディープスカイ以来なし[レ]

ヴィクトリアマイルを3年連続で1分32秒4で走破した馬で、時計がかかるコンディションになるのは歓迎です。また、オルフェーヴルに最初に黒星をつけた馬ということでも、評価を高めたい馬です。

△・ジャスタウェイ「1・3」

+・3年連続連対馬輩出の”年内または前年の左回りのG1・G2で勝利を収めている馬”[レ]、前年の天皇賞【秋】優勝馬で、翌年上半期の国内左回りG1成績は2004年以降(3-1-0-0)[自]、過去に重賞で走ったことがあるコースは、前回と同等以上の着順に入っている[自]

-・1年以内に芝1600m超の重賞勝ちがある馬による連対は、2009年優勝のウオッカ、同年2着のディープスカイ以来なし[レ]

”天邪鬼なハーツクライ産駒”ということを考慮すると、頭一つ抜けた存在に思われている今回のレースは負ける可能性が高いと見ていますが、折からの雨によって道悪馬場となったこと自体は、いかなる状況にあっても最後まで脚を鈍らせてこないこの馬にとっては歓迎材料で、基本的には優勝候補筆頭格の存在です。

△・ミッキーアイル「1・3」

+・5年連続3着以内入線の「父が日本ダービー馬」の年内芝1600m戦勝ち馬[レ]、3年連続優勝馬輩出の”父が東京G1優勝馬で、前走左回りのレース出走馬”[レ]、3年連続連対馬輩出の”年内または前年の左回りのG1・G2で勝利を収めている馬”[レ]

-・1年以内に京都芝重賞を勝ち上がっている連対馬は、2006年のマイルCS優勝馬で、2007年の1着馬となったダイワメジャー以来なし[レ]

初の古馬混合の芝1600m戦で見せる逃げがどのようなものになるか楽しみですが、ジャスタウェイの追撃を正面から受けて立てる馬はこの馬ぐらいで、1着か大敗かという見方をしています。

△・レッドスパーダ「2・3」

+・3年連続優勝馬輩出の”父が東京G1優勝馬で、前走左回りのレース出走馬”[レ]、3年連続連対馬輩出の”年内または前年の左回りのG1・G2で勝利を収めている馬”[レ]

-・【過去に重賞勝ちがある当年の京王杯スプリングC優勝馬による3着以内入線は、1999年2着馬グラスワンダー以来なし[レ]】

クラレントとはセットの関係にあると言っても過言ではない馬であり、好走のチャンスは十分です。

キルトクール・ワールドエース「なし」

+・5年連続3着以内入線の「父が日本ダービー馬」の年内芝1600m戦勝ち馬[レ]

-・1年以内に京都芝重賞を勝ち上がっている連対馬は、2006年のマイルCS優勝馬で、2007年の1着馬となったダイワメジャー以来なし[レ]

過去3度の関東遠征では全て敗れており、東京競馬場に限っては4着、5着と芳しい成績を残していません。鞍上のクレイグ・ウィリアムズ騎手の出来も良いものとは言えず、今回のキルトクールに指名です。



単勝・複勝

エキストラエンド、ホエールキャプチャ、クラレント

複勝

レッドスパーダ

馬連・ワイド(フォーメーション)

(1頭目)エキストラエンド、クラレント、ホエールキャプチャ

(2頭目)エキストラエンド、クラレント、ホエールキャプチャ、ジャスタウェイ、ミッキーアイル

ワイド

クラレント-レッドスパーダ

三連複

クラレント-ホエールキャプチャ-レッドスパーダ

三連単

クラレント→ホエールキャプチャ→レッドスパーダ

ミッキーアイル→ホエールキャプチャ→エキストラエンド

ジャスタウェイ→エキストラエンド→ホエールキャプチャ

三連単(フォーメーション1)

(1着)ホエールキャプチャ、ジャスタウェイ、ミッキーアイル

(2着)エキストラエンド

(3着)クラレント

三連単(フォーメーション2)

(1着)クラレント、ホエールキャプチャ、ミッキーアイル

(2着)ジャスタウェイ

(3着)エキストラエンド

三連単(フォーメーション3)

(1着)エキストラエンド、ミッキーアイル

(2着)エキストラエンド、ジャスタウェイ

(3着)ホエールキャプチャ、クラレント

☆強気の三連単

ミッキーアイル→エキストラエンド→クラレント



◇「競馬思考履歴」更新のお知らせ

今回の安田記念に出走するミッキーアイルとジェンティルドンナに見られる共通点から浮かび上がってきた、ディープインパクト産駒の可能性について書き記していきました。

競馬思考履歴
スポンサーサイト


テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

2014年のレース予想 | 20:18:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad