FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2014年・二十九の予想 「第48回スプリンターズS」(コパノリチャードVSベルカント)
2014年下半期においては最初の中央競馬G1であるスプリンターズS。12年ぶりの新潟開催で、いつもとだいぶ勝手が違いそうですが、その勝手の違いを呑みあわせてきた上で予想を展開していきます。

(展望記事・第48回スプリンターズS展望 「”去”の算」

(参考まとめ記事・レース参考まとめ「第48回スプリンターズS」

【データルール1・展望記事で該当していたデータの項目番号を、印の横の「」内に記載】

【データルール2・[レ]のデータにおいて出走馬中3頭以下が該当するものであれば、そのデータに”下線”を、1頭のみのものは”【】”を加える】

さて、今回の予想を展開するにあたり、展望記事では紹介しきれなかった”レースのカギとなるデータ”をいくつか紹介していきます。



◇スプリンターズSのキーデータ

・3年連続優勝馬輩出の”父がNHKマイルC優勝馬”[レ]

・5年連続連対馬輩出の阪神芝1400m重賞勝ち馬[レ]

・7年連続3着以内入線馬輩出の”芝1200m±200mのオープン勝ちのあるスプリンターズS初出走の日本馬”[レ]



ここ3年は安田隆行厩舎所属馬が勝利しているため、”父がNHKマイルC優勝馬”という部分が絶対的に正しいと言えるかは微妙ですが、”父がNHKマイルC優勝馬”に該当する馬はクロフネ産駒であるアースソニックとセイコーライコウ2頭だけです。どちらも、サマースプリントシリーズ創設後では連対実績がないアイビスサマーダッシュからの直行で、例年であれば苦戦は免れないところですが、今年のスプリンターズSはアイビスサマーダッシュと同じ新潟競馬場での開催となるため、臨戦過程としてはプラスに働くかもしれません。一方で、安田隆行厩舎所属馬の参戦はレッドオーヴァル1頭だけですが、ここ3戦連続して芝1200m戦を使って(1-2-0-0)としており、ベストの条件を見つけ出してきているかもしれません。



◎・コパノリチャード「2・3」

+・【芝1400m勝ちのある本年の高松宮記念優勝馬(3-2-0-0)[レ]】、5年連続連対馬輩出の阪神芝1400m重賞勝ち馬[レ]、7年連続3着以内入線馬輩出の”芝1200m±200mのオープン勝ちのあるスプリンターズS初出走の日本馬”[レ]

-・前走芝1200m以外の馬による日本馬の連対は2007年以降なし[レ]

キルトクール・ベルカント「2・3」

+・5年連続連対馬輩出の阪神芝1400m重賞勝ち馬[レ]、7年連続3着以内入線馬輩出の”芝1200m±200mのオープン勝ちのあるスプリンターズS初出走の日本馬”[レ]

-・近2走連続芝1200mのレースで共に3着以下に沈んだ馬による連対は9月・10月開催となった2000年以降なし[レ]



その上で、今回の予想において一番大事にしようと考えたのは、「ロードカナロアに負けたことがない馬を上位に据える」という部分ですが、今年の阪急杯で阪神Cを連覇しているサンカルロに対して4馬身差をつけて勝ち、高松宮記念も勝利したコパノリチャードを本命としました。京王杯スプリングCからぶっつけの参戦はあまり感心できるものではありませんが、今年に入っての走りはスプリント界の王者を堂々と張れるレベルであり、他の馬の台頭が芳しくないことを踏まえると、昨年同様に同一馬による春秋スプリントG1制覇は果たせると見ています。次点はシルクロードSの走りが素晴らしいストレイトガールと新潟芝で4着以下に沈んだことが1回しかないセイコーライコウと見ており、二の脚が速く、レースのカギを握っているハクサンムーンも油断ならない存在です。

対するキルトクール指名馬は、芝1400m重賞を2勝しているベルカントです。3歳牝馬でありながらデータ的に優秀なものを持っているので、2007年のアストンマーチャンを再現するような形になっても不思議ではありませんが、サマースプリントシリーズを2戦消化して、どちらも芳しい結果とならなかったのがネックと見て、今回はキルトクールとさせていただきました。



単勝・複勝

コパノリチャード

ワイド(ながし)

(軸)コパノリチャード

(相手)セイコーライコウ、ストレイトガール

三連単

コパノリチャード→ハクサンムーン→ストレイトガール

☆勝負のワンツースリー

コパノリチャード→ストレイトガール→セイコーライコウ
スポンサーサイト





テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

2014年のレース予想 | 14:00:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する