FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

変則的な戦いの流儀 第48回スプリンターズS回顧
昨年のセントウルSでロードカナロアを破ったハクサンムーンが1番人気、今年の高松宮記念で1番人気に支持されたストレイトガールが2番人気に支持されていた今年のスプリンターズSでしたが、芝のレースで未勝利だったにも関わらず両者との対戦成績で後れを取ったことがなかったスノードラゴンが初の芝の勝利をG1制覇で飾っていきました。

1着・スノードラゴン(父アドマイヤコジーン)

2着・ストレイトガール(父フジキセキ)

3着・レッドオーヴァル(父ディープインパクト)

(予想記事・2014年・二十九の予想 「第48回スプリンターズS」(コパノリチャードVSベルカント)

※決着時計が遅いなら遅いなりの勝ち方がある

2014年のラップタイム・11.9 - 10.5 - 11.3 - 11.9 - 11.3 - 11.9

2002年のラップタイム・12.2 - 10.6 - 10.9 - 10.9 - 11.4 - 11.7

今回の勝ちタイムである1分8秒8は、9月末・10月頭開催となった2000年以降としては3番目に遅い決着となりましたが、残りの下位2つが不良馬場だったことを考えると、今回のスプリンターズSはかなりの低速決着だったということがわかります。良馬場発表だったとはいえ、馬場の傷み具合やレース中に小雨が降っていたことを考えると致し方のない形でしたが、こうした中で勝利を収めたスノードラゴンは前述の通り、芝では未勝利でした。

もっとも、今年の3月からオーシャンS、高松宮記念と芝1200m重賞を連戦して共に2着に入り、ハクサンムーンを完膚なきまでに叩きのめしていましたが、その後、北海道スプリントS、キーンランドCと北海道遠征でも勝ちきれないまま参戦し、今回のレースでは13番人気に甘んじていました。持ちタイムが1分9秒0を切っていなかったので、2002年のような高速決着になってしまえば完全に出番はなかったと思われますが、昨年12月のカペラS以降の1200m戦では芝ダート問わずに上がり3ハロンで2位以内の速い脚を披露しており、後半の失速が激しい前傾ラップになれば食い込むチャンスは十分ありました。その上で、今回のような低速決着になったのはスノードラゴンにとっては天恵とも言えますが、この辺りは宝塚記念を連覇したゴールドシップと同じような感じで、自分の土俵では常に好勝負に持ち込むタイプだと思われ、今後も時計のかかるコンディションにおけるスノードラゴンの存在感は侮れないと見ています。

※対照的?な牝馬の2着、3着

一方で、今年は牝馬が2着、3着と入ってきましたが、年度、年齢、競馬場こそ違えど、両者は共に北海道の芝1200m戦で覚醒を感じさせる走りを見せていました。2着に入ったストレイトガールは高松宮記念に続いてスノードラゴンにゴール寸前で交わされる屈辱を味わう格好となりましたが、シルクロードSでは1分7秒台で勝利しており、こちらは芝1200m戦であれば基本的に盤石な戦いができるといったところです。一方、3着に来たレッドオーヴァルは芝1200m戦デビューとなった高松宮記念を除き、芝1200m戦では(1-2-1-0)とすることになりましたが、この馬は1分7秒を切る決着で戦ったことがないので、高速決着に対する対応力は現時点では未知数です。一方で、今回はスノードラゴンが大外からの強襲で勝利を決めてみせましたが、レッドオーヴァルも13番枠と比較的外の枠から脚を伸ばすような形で勝負しており、この辺りはディープインパクト産駒らしさが垣間見られます。今回のような外差し、低速決着の馬場であるならば、スノードラゴンとレッドオーヴァルはセットで考えるのも一興かもしれませんが、坂の有無に関してはスノードラゴンが坂を好むタイプで、レッドオーヴァルは平坦巧者のように思われます。

◎・コパノリチャード(12着)

ゲートを出た直後に躓くという、短距離戦では致命的な失態を犯してしまい、そのまま見せ場なく終わってしまいました。今回に関してはレースに参加できなかったと言っても過言ではなく、論評のしようがないところがありますが、前走、そして今回と、ここ2戦は自滅の感があり、安定感という点ではまるで当てにならない存在になりつつあるということは言えそうです。

キルトクール・ベルカント(5着)

セントウルS同様、2番手に控える形となったハクサンムーンを背後で徹底マークを仕掛けて、直線では内から脚を伸ばすという、12年前のビリーヴを彷彿とさせるような走りを披露してきましたが、ビリーヴほどの推進力は得られず、ゴール寸前に4頭の馬に交わされることとなりました。今年に入ってからは行ったり、控えたりとレースの形が定まっておらず、この辺りに脆さを覚えないわけでもありませんが、自分のレースの形を固められるようになれば、混沌としているスプリント界で抜きん出た存在となっても不思議ではありません。
スポンサーサイト





テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース) | 17:14:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する