■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

第58回宝塚記念の”三本柱”
今年から大阪杯がG1に昇格したことにより、”春三冠”の最終戦に位置付けられることになった宝塚記念。今年は大阪杯、天皇賞【春】と連勝したキタサンブラックが参戦を表明し、”春三冠”の創設元年にいきなり三冠達成の偉業に挑む格好となりましたが、そんな宝塚記念において優位に立てるデータについて、これから触れていきます。

(昨年の展望記事・第57回宝塚記念の”三本柱”

1・年明けからの鮮度を活かして

ここ4年続けてG1勝ちのあるディープインパクト産駒の牝馬が3着以内に入り続け、昨年は前年のエリザベス女王杯優勝馬であるマリアライトが勝利を収めましたが、ここ4年の宝塚記念において最先着入線を果たした牝馬は”当年の3月以降の重賞で連対実績を残している馬(※)”となっています。

一方で、ここ4年の宝塚記念における牡馬の最先着馬は、いずれも”年内最初のレースを勝ち上がってきた馬(◇)”となっています。

(※…1頭)

(◇…3頭)

2・年末の屈辱をバネにして

現行の6月末開催に移行された2000年以降、宝塚記念は”上半期最後のドリームレース”と称されたりもしていますが、そんな宝塚記念において上位争いを繰り広げてきた馬の共通項の一つに、「前年最後のレースが”宝塚記念とは正反対の時期にあたる12月の国内重賞”で、そこで着外に負けた馬(※)」というものがあり、阪神開催としては13年間継続して3着以内入線馬を輩出しています。

(※…6頭)

3・己の速さを武器にして

阪神競馬場がリニューアルされて初めて開催された2007年以降、”芝2000m未満の重賞勝ち馬(※)”が連対し続けていますが、そのデータを持つ馬のもう一つの特長を見ていくと”国内の年内最初のレースを連対してきた馬(◇)”ということが浮かび上がってきます。

(※…7頭)

(◇…6頭)

☆昨年の上位3頭

1着・マリアライト(1・2に該当)

2着・ドゥラメンテ(1・3に該当)

3着・キタサンブラック(3に該当)

昨年はグレード制導入後初めてG1馬による上位独占が果たされた宝塚記念。その上で、牝馬の強豪馬を数多く輩出してきたディープインパクト産駒による初めての父子宝塚記念制覇が果たされることになりましたが、ここ8年の連対馬の父を見ていくとステイゴールドか日本ダービー優勝馬か、あるいは春秋いずれかのグランプリ優勝馬に限られており、この辺りは父がG1馬ではないキタサンブラックにとっては少々苦しいところではあります。とは言え、キタサンブラックの父はディープインパクトの全兄であるブラックタイドで、ここ8年で5勝しているステイゴールド産駒のうち延べ4頭は母父が父内国産のメジロマックイーンだったので、血統的なマイナスがあるとは言い難いようにも思えます。

☆今年の出走馬とデータマッチ

※1に該当

・当年の3月以降の重賞で連対実績を残している牝馬

ミッキークイーン

・年内最初のレースを勝ち上がってきた牡馬

キタサンブラック、サトノクラウン、ミッキーロケット

※2に該当

・前年最後のレースが”宝塚記念とは正反対の時期にあたる12月の国内重賞”で、そこで着外に負けた馬

シュヴァルグラン、ヒットザターゲット、ミッキークイーン

※3に該当

・芝2000m未満の重賞勝ち馬(国内の年内最初のレースを連対してきた馬は馬名に下線

キタサンブラックサトノクラウン、ヒットザターゲット、ミッキークイーン、レインボーライン

※該当なし

クラリティシチー、ゴールドアクター、シャケトラ、スピリッツミノル

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

レース展望 | 22:26:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
6月11日・6月18日の重賞回顧
今週末には上半期最後のG1である宝塚記念が控えている中央競馬ですが、先週、先々週の日曜日に行われた重賞を振り返ってこなかったので、ここで簡単におさらいしていきたいと思います。

※第22回マーメイドS

1着・マキシマムドパリ(父キングカメハメハ)

2着・クインズミラーグロ(父マンハッタンカフェ)

3着・アースライズ(父マンハッタンカフェ)

ラップタイム・12.7 - 11.2 - 12.1 - 12.4 - 12.2 - 12.2 - 11.7 - 11.2 - 11.3 - 12.5

藤岡佑介騎手が4年ぶりに重賞制覇を果たしたマーメイドS。そのコンビを組んだマキシマムドパリは今年の愛知杯に次いで重賞2勝目をマークすることとなりましたが、その時と同じように3着馬にマンハッタンカフェ産駒が入っており、マキシマムドパリの重賞好走時におけるパターンみたいなものが垣間見られる結果にもなりました。

※第34回エプソムC

1着・ダッシングブレイズ(父Kitten's Joy)

2着・アストラエンブレム(父ダイワメジャー)

3着・マイネルハニー(父マツリダゴッホ)

ラップタイム・12.8 - 11.4 - 11.9 - 12.1 - 11.5 - 11.7 - 10.8 - 11.6 - 12.1

昨年のチャレンジCを勝利したマイネルハニーが逃げる展開となった今年のエプソムC。2年ぶりに走破時計が1分45秒台の決着となりましたが、勝ったダッシングブレイズは2年前のプリンシパルS以来となる芝1600m超のレースで結果を残し、活躍の場を広げる勝利を収めることになりました。もっとも、ダッシングブレイズの父であるKitten's JoyはローエングリンやFrankelと同じSadler's Wells系の種牡馬であり、主戦場自体はマイル戦線である可能性は高いように思われます。

第24回函館スプリントS

1着・ジューヌエコール(父クロフネ)

2着・キングハート(父オレハマッテルゼ)

3着・エポワス(父ファルブラヴ)

ラップタイム・11.7 - 10.1 - 10.4 - 11.0 - 11.4 - 12.2

昨年に続いて3歳牝馬が勝利を収めた函館スプリントSですが、走破時計の1分6秒8は昨年のものよりも1秒0も速いコースレコードで、芝1200m戦における1分6秒台のレコードコースはこれで5つ目となりました。その上で勝ったジューヌエコールはデイリー杯2歳Sに次いで重賞2勝目をマークすることとなりましたが、安田隆行厩舎所属のクロフネ産駒というと、2011年のスプリンターズS、2012年の高松宮記念を制したカレンチャンがおり、カレンチャンに匹敵する活躍を期待したくなるところです。

※第22回ユニコーンS

1着・サンライズノヴァ(父ゴールドアリュール)

2着・ハルクンノテソーロ(父ファスリエフ)

3着・サンライズソア(父シンボリクリスエス)

ラップタイム・12.0 - 10.6 - 11.5 - 12.3 - 12.8 - 12.7 - 12.1 - 11.9

昨年に続いてゴールドアリュール産駒が勝利を収めたユニコーンS。今回は2着馬に4馬身差をつけて勝利を収めることとなりましたが、勝ったサンライズノヴァは戸崎圭太騎手とのコンビで2戦2勝とし、このコンビであれば3歳世代屈指のダートトップホースに名乗りをあげていきそうです。生産牧場で考えてみても、今週の宝塚記念において春の古馬三冠がかかっているキタサンブラックやフェブラリーS連覇を含めてダートG1を9勝しているコパノリッキー等を輩出しているヤナガワ牧場ということもあり、日本のダート界を背負っていく競走馬に育つことへの期待が高まるばかりです。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 22:38:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
第70回鳴尾記念回顧
先週の開催で上半期G1の連続開催が終了した中央競馬ですが、土曜日の重賞開催についても、先週で一区切りとなりました。その先週土曜日に開催された重賞が、阪神芝2000mのG3・鳴尾記念でしたが、今年はどういった結果となったのでしょうか。

1着・ステイインシアトル(父ステイゴールド)

2着・スマートレイアー(父ディープインパクト)

3着・マイネルフロスト(父ブラックタイド)

ラップタイム・12.6 - 11.6 - 12.7 - 12.5 - 12.2 - 12.0 - 11.7 - 11.5 - 11.0 - 11.6

5年ぶりに10頭立てのレースとなった鳴尾記念。1番人気に支持されていたのは、昨年芝1600m重賞を2連勝した7歳牝馬のスマートレイアーでしたが、スタートからハナに立ったステイインシアトルがそのまま逃げ切り勝ちを収めました。終始団子状態でありながら3ハロン目から少しずつペースアップしていって押し切るという、逃げの走りとしてはなかなか理想的な形を披露していきましたが、管理する池江泰寿厩舎は一昨年、昨年に続いて鳴尾記念3連覇を達成することとなりました。ステイインシアトルについては、6歳馬でありながら鳴尾記念終了時点で10戦目と晩熟のタイプと言えそうですが、牝系を見ていくと、二代母の兄にアメリカの年度代表馬であるA.P.Indyがおり、将来的に大仕事をする可能性を秘めています。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 21:59:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
【7着VS5着】 第67回安田記念回顧
4年ぶりに1分31秒台の決着となった安田記念。今回の出走馬の中で3頭参戦していた日本のG1馬の中で2頭が2着、3着となりましたが、その2頭を退けて勝利を収めたのは、昨年の芝1400m・G2を2勝したサトノアラジンでした。

1着・サトノアラジン(父ディープインパクト)

2着・ロゴタイプ(父ローエングリン)

3着・レッドファルクス(父スウェプトオーヴァボード)

(予想記事・2017年・十三の予想 「第67回安田記念」(ステファノスVSエアスピネル)

※”1分31秒台の頂上決戦”が持つ魔力

今年のラップタイム・12.2 - 10.6 - 11.1 - 11.6 - 11.6 - 11.0 - 11.3 - 12.1

2013年のラップタイム・12.0 - 10.7 - 11.2 - 11.4 - 11.7 - 11.5 - 11.3 - 11.7

2012年のラップタイム・12.2 - 10.7 - 10.9 - 11.1 - 11.4 - 11.3 - 11.8 - 11.9

(2014年マイルCSのラップタイム・12.0 - 10.4 - 11.3 - 11.6 - 11.4 - 11.5 - 11.3 - 12.0)

(2010年マイルCSのラップタイム・12.1 - 10.7 - 10.9 - 11.6 - 11.4 - 11.1 - 11.9 - 12.1)

冒頭でも触れたように、今年は4年ぶりに1分31秒台の決着を見た安田記念。走破時計そのもので言えば、4年前と同じものとなっていましたが、過去2回あった1分31秒台の安田記念においては芝1400mの重賞勝ち馬が勝利を収めており、今回のその前例に倣う形になりました。

その上で、秋の芝1600m・G1であるマイルCSにおいても、1分31秒台の決着が2回ありますが、2010年の優勝馬は今回の優勝馬と同じように芝1400mの重賞勝ち馬であったのに対し、2014年のマイルCS優勝馬は1分31秒台の決着となった2013年の安田記念において3着に来ていたダノンシャークでした。2014年のマイルCSを勝利したダノンシャークは前年の2013年に芝1600m戦の成績を(2-1-3-0)としていた馬で、マイル戦線における安定勢力を担っていましたが、今回のレースにおいてダノンシャークの役割を担った馬ということで言えば、昨年の優勝馬で今回も逃げ粘って2着に入ってきたロゴタイプがこれにあたる存在で、芝1600m戦における高速の頂上決戦においては、芝1400m重賞で結果を残してきた馬と芝1600m戦に特化して強い馬を狙うのが肝要と言えそうです。

◎・ステファノス(7着)

道中は中団の外を通ってきたステファノスでしたが、直線に入ってからの伸び脚は今一つでした。今回は1着馬から9着馬までが1分31秒台で走破しており、この辺りに東京競馬場の高速化が見て取れますが、最後の直線で進路取りが上手く行かなかったエアスピネル(5着)やイスラボニータ(8着)と異なり、こちらは終始スムーズな走りができての敗北であったことから、今回の馬場でこの馬の好走を求めたのは酷であったように感じています。

キルトクール・エアスピネル(5着)

道中の位置取りは勝ったサトノアラジンと番手が近く、後方の内目を通ってきていましたが、直線に入ってからは前が壁になって抜け出すのに時間がかかってしまいました。上がり3ハロンで言えば、勝ったサトノアラジンに次ぐ33秒6の脚を披露していましたが、この辺りにトップマイラーとしての資質は感じつつも、上位馬と比べるとまだまだ経験不足であるというところを見せつけられたように感じています。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース) | 23:50:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
2017年・十三の予想 「第67回安田記念」(ステファノスVSエアスピネル)
天皇賞【春】から始まった6週連続G1開催の締めくくりを飾る安田記念。実質的には夏競馬のオープニングを飾るG1レースという位置付けを担っていますが、予想としてはシンプルな組み立てで勝負してみようかと考えています。

(展望記事・第67回安田記念の”三本柱”

(参考まとめ記事・レース参考まとめ「第67回安田記念」

【データルール・展望記事で該当していたデータの項目番号を、印の横の「」内に記載】



◎・ステファノス「2」

キルトクール・エアスピネル「3」



さて、今回本命に推したステファノスは一昨年の天皇賞【秋】で2着、昨年の天皇賞【秋】で3着と、今回の58kgの斤量を背負い慣れているディープインパクト産駒です。今年は東京競馬場の5週連続G1開催の中でディープインパクト産駒による勝利がありませんが、前走大阪杯でキタサンブラックの2着に来たステファノスの実力と東京G1に滅法強い藤原英昭厩舎の資質を信じてみようと考えて本命に推しました。

その上で、対抗には3週連続G1制覇を果たしているクリストフ・ルメール騎手がコンビを組んでいるイスラボニータを指名。2年連続皐月賞馬による安田記念制覇への期待もありますが、ルメール騎手とイスラボニータとのコンビ実績が(1-3-1-0)となっているのも良いですし、18頭立てのレースで(2-2-3-1)としているのもプラスと捉えました。3着候補として考えたのは、内からレッドファルクス、ロゴタイプ、ヤングマンパワーの3頭。レッドファルクスは近親にスティンガーがいる血統に対してマイナス評価を与えていますが、今回の”三本柱”で唯一全てのデータに該当していた馬ということで、上位評価の1頭として指名。昨年の優勝馬であるロゴタイプは展開的に今回の方が厳しくなると見ていますが、こちらも58kgは背負い慣れている1頭であり、再度の好走があっても驚きません。そして、ヤングマンパワーについてですが、こちらは1年前に58kgの斤量を背負って昨年の安田記念よりも速い時計で勝ったことがある馬であり、前走のマイラーズCで復調の気配が見られたことから狙ってみたいと考えました。

そして、キルトクールに指名したエアスピネルについてですが、今年の古馬G1は4歳馬かキタサンブラックが勝利している状況が続いており、昨年の菊花賞で3着に来た後に芝1600m重賞を3戦して、1着、3着、2着としていることから、勝利の可能性を感じている1頭です。しかし、関東のレースにおいて一度も連対を果たしたことがないのがネックと判断し、思い切って狙いから外してしまおうと考えました。



単勝

ステファノス

馬連・ワイド

ステファノス-イスラボニータ

三連複(軸2頭)

(軸)ステファノス、イスラボニータ

(相手)レッドファルクス、ロゴタイプ、ヤングマンパワー

三連単(フォーメーション)

(1着)ステファノス

(2着)イスラボニータ

(3着)レッドファルクス、ロゴタイプ、ヤングマンパワー

テーマ:中央競馬(JRA)予想 - ジャンル:ギャンブル

2017年のレース予想 | 23:40:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad