■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

第52回京都大賞典回顧
明日には秋華賞の出走馬が確定する中央競馬ですが、一昨日の月曜日には3日間開催の最後の日ということで京都大賞典の開催がありました。京都大賞典は前日に行われた毎日王冠と同様に勝ち馬に天皇賞【秋】への優先出走権が与えられるものの、昨年の優勝馬であるキタサンブラックは京都大賞典の勝利をステップにジャパンC制覇に繋げていきましたが、今年はどうなるでしょうか。

1着・スマートレイアー(父ディープインパクト)

2着・トーセンバジル(父ハービンジャー)

3着・シュヴァルグラン(父ハーツクライ)

ラップタイム・12.9 - 11.0 - 11.7 - 12.2 - 12.1 - 12.1 - 12.4 - 12.5 - 11.7 - 11.5 - 11.4 - 11.5

今回のレースでは3年前の優勝馬であるラストインパクトが逃げる格好となった京都大賞典。向正面から馬群が凝縮されていく中、最後の直線からの攻防では内から脚を伸ばしてきたトーセンバジルが抜け出しにかかろうとしていましたが、トーセンバジルが通ってきた進路を縫うようにしてスマートレイアーが後追いで脚を伸ばし、最後はスマートレイアーがトーセンバジルに対して半馬身のリードを取って勝利を収めました。牝馬による京都大賞典制覇は2010年のメイショウベルーガ以来の出来事になりましたが、平成に入ってから牝馬が京都大賞典を制した例は過去に3回あり、そのいずれもが年内のG1で1回は連対を果たしていることから、同じような期待をスマートレイアーにはかけておこうと思います。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 22:08:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
10月7日・10月8日の東京重賞回顧
今週は下半期二度目の3日間開催となりましたが、この記事では土曜日、日曜日に行われた東京競馬場の重賞レースを簡単に振り返っておこうと思います。

※第3回サウジアラビアロイヤルC

1着・ダノンプレミアム(父ディープインパクト)

2着・ステルヴィオ(父ロードカナロア)

3着・カーボナード(父ディープインパクト)

ラップタイム・12.3 - 10.6 - 11.4 - 11.8 - 12.2 - 11.5 - 11.5 - 11.7

前日までの雨でやや重発表とされながらも、2歳の東京芝1600mのコースレコードが更新されたサウジアラビアロイヤルC。今回は宝塚記念当日の阪神芝1800m戦でデビュー勝ちを収めたダノンプレミアムが2番手からの抜け出しで勝利を収めました。東京の2歳重賞においてディープインパクト産駒が勝利を収めたのは、2011年の東京スポーツ杯2歳Sにおけるディープブリランテ以来2頭目となりましたが、母父Intikhabのディープインパクト産駒というと、2015年の日本ダービー2着馬であるサトノラーゼンと同じであり、まだまだ見どころがありそうな存在であると言えます。

※第68回毎日王冠

1着・リアルスティール(父ディープインパクト)

2着・サトノアラジン(父ディープインパクト)

3着・グレーターロンドン(父ディープインパクト)

ラップタイム・12.8 - 11.0 - 11.8 - 12.2 - 12.2 - 12.1 - 11.1 - 10.7 - 11.7

今年のオークスを制した3歳牝馬ソウルスターリングが1番人気に支持されていた毎日王冠。そのソウルスターリングが逃げの手に出るという意外な展開に持ち込まれましたが、上がり3ハロンにおいて32秒台を出した馬が5頭もいる中で3歳時に同じコースの共同通信杯を制していたリアルスティールが今年の安田記念優勝馬であるサトノアラジンの追撃をクビ差凌いで勝利を収めました。リアルスティールにとって日本競馬における勝利は共同通信杯以来3度目となりましたが、そのいずれもが芝1800m戦で得意条件で巻き返したといった感じです。その上で、今回の出走馬の中で天皇賞【秋】において狙ってみたいのは、3着のグレーターロンドンと8着に終わったソウルスターリングの2頭と見ています。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 17:48:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
【2頭】 第96回凱旋門賞回顧
昨年はGalileo産駒によるワンツースリーとなった凱旋門賞でしたが、今年はGalileoの孫にあたる3歳牝馬が凱旋門賞制覇を成し遂げました。

1着・エネイブル(父Nathaniel)

2着・クロスオブスターズ(父Sea the Stars)

3着・ユリシーズ(父Galileo)

(予想記事・実験予想・2017年#3 「第96回凱旋門賞」

※”大黒柱”の結果

11年連続連対馬輩出中の”SMILE区分におけるIまたはLのG1で2着馬に2馬身以上の差をつけて勝利した馬”

→3着以内入線・2頭、最高着順・1着(エネイブル)

今回、上記の”大黒柱”に該当していたのは4頭いて2頭が3着以内を確保することになりましたが、勝ったエネイブルもこの”大黒柱”に該当していた馬で、G1競走を4連勝してきた走りは伊達ではないところを見せつけてきました。一方で、昨年は上位2頭が前走から200m以上の距離延長戦だったのに対し、今回の上位2頭は前走とほとんど変わりのない距離からの臨戦過程を踏んでいましたが、この辺りは当日も降った雨の影響もあったように思われ、凱旋門賞レコードとなった昨年のレースが特殊だったようにも感じています。

レースを見た印象としては、馬場の内側を通ってきた馬がしっかりと結果を残してきたといった感じで、終始外を回ることになったサトノダイヤモンドにとっては重くなった馬場も含めて全てが裏目に出るようなレースになっていました。元々凱旋門賞というレース自体が、内側の仮柵を外して行われるレースであるため、その外れた部分でロスなく立ち回れることが勝利への近道といったところがありますが、そういう意味では今回のサトノダイヤモンドは昨年のマカヒキの再現といった感じで、勝てるはずのない立ち回りをしてしまったということに尽きると見ています。来年からは本来の開催場であるロンシャン競馬場で開催される予定となっていますが、先に触れた”凱旋門賞の基本”をおさえない限り、勝利を掴むのは極めて難しいレースであるということには変わりないと思われます。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース) | 06:57:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
9月30日・10月1日のJRA重賞回顧
凱旋門賞が終わってからはや4日経ちましたが、先週行われたJRAの重賞はダート2000mのハンデG3・シリウスSと芝1200mのG1・スプリンターズSでした。日本ではこれからが下半期のG1シーズンに突入ということになりますが、そこで素質を開花させるのはどの馬でしょうか。

※第21回シリウスS

1着・メイショウスミトモ(父ゴールドアリュール)

2着・ドラゴンバローズ(父キングカメハメハ)

3着・ピオネロ(父ネオユニヴァース)

ラップタイム・12.8 - 11.3 - 11.5 - 13.5 - 12.5 - 12.3 - 12.3 - 12.0 - 12.5 - 13.2

昨年の上位2頭が再び出走してきたシリウスS。しかし、昨年の優勝馬であるマスクゾロは昨年と同様に逃げたものの7着に、昨年の2着馬であるピオネロは3着にそれぞれ敗れ、昨年のラジオ日本賞を勝利したメイショウスミトモがその時以来の勝利を収めることになりました。今回メイショウスミトモは11番人気という伏兵的評価で勝利をものにしましたが、血統的には2007年のユニコーンS優勝馬ロングプライドの弟であり、二代母からはジャパンCダートの初代王者であるウイングアローが輩出されていることから、ダート馬の家系としては名門と言っても良く、これから素質を開花させていく可能性もあるように思われます。

※第51回スプリンターズS

1着・レッドファルクス(父スウェプトオーヴァーボード)

2着・レッツゴードンキ(父キングカメハメハ)

3着・ワンスインナムーン(父アドマイヤムーン)

ラップタイム・11.9 - 10.8 - 11.2 - 10.9 - 11.1 - 11.7

一昨年と同様に前半よりも後半の方が速いラップ構成となったスプリンターズS。その逃げを打ったワンスインナムーンがゴール寸前までしぶとく粘っていましたが、内からレッツゴードンキが差すところを外からレッドファルクスが猛追し、最後はレッドファルクスがレッツゴードンキに対してクビ差リードを取って勝利を収めました。レッドファルクスはサクラバクシンオー、ロードカナロアに次いでスプリンターズS連覇を達成しましたが、今回の上位2頭はいずれも芝1400m重賞を勝ち上がってきたG1馬であり、芝1200m以下のレースで奮闘してきた馬にとっては辛いレースになったという見方もできそうです。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 19:56:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
いざクラシックへ!注目の一頭 2017年2歳戦【9月】
今日から10月に入り、これを書いている今はスプリンターズSと凱旋門賞を間近に控えているところですが、2歳戦の方は着々と良血馬が勝ち上がってきている趣があります。そんな中で今回取り上げていくのは、減量騎手と共に未勝利を脱出した馬についてです。

※9月23日阪神芝1600m未勝利戦より、サヤカチャン

デビューから4戦目にして初勝利をマークしたサヤカチャン。今回のレースでは逃げ切り勝ちを決めてみせましたが、札幌で3戦を経験し、この勝利の前のレースでは芝2000m戦を逃げて2着としていました。鞍上の坂井瑠星騎手はデビューから跨り続け、人馬共に経験を積み重ねていっているところがありますが、今後どのような未来を描いていくのかに少し興味があります。

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

Road_to_Derby | 14:40:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad